2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト
無料ブログはココログ

« 最後の秘密 | トップページ | 今日の小ネタ »

2008.08.06

ミューザの夏~ラフマニノフ

フェスタ・サマーミューザKAWASAKI 2008
東京フィルハーモニー交響楽団

ラフマニノフ/ヴォカリーズ、パガニーニの主題による狂詩曲(Pf:小山実稚恵)、交響曲第2番
 指揮:尾高忠明

毎年1回顔を出せるか出せないか、ってところだった、ミューザ川崎の夏祭り。
今年は3つも聴いてしまった。うれしい。
その3つのコンサートの最後は、東京フィル
桂冠指揮者・尾高忠明による、ラフマニノフづくし。先週のやはり火曜日とはうって変わった、全席完売。

やさしく抒情的な「ヴォカリーズ」も、「田園調布のお嬢さん」小山実稚恵さんの腕の冴えまくるパガニーニ・ラプソディも素敵だったけれど、聴き物はやっぱり「2番」でしょう。
この世の中の「交響曲」と名の付くあらゆる音楽の中でも、屈指の(臆面もないまでに)美しいメロディと洪水のように溢れるロマンを備えた曲だ。尾高さんの十八番でもある。
その尾高さんのことだから絶対ノーカット版で攻めてくるに違いない、と予想していたら(この曲はあまりにも長いので、時に作曲者公認による部分カット有りで演奏されることがある)、案の定。演奏時間はこれ1曲だけでもほぼ1時間。比較的軽い曲目の多い今シリーズの中では、例外的な重量級となった。
ただ、東京フィルの音も尾高さんの解釈も、意外なほどに都会的で明快なものだったので、聴いた印象はそれほど重くはない。最初のうちはあまりにもいろいろとあっさり通りすぎてしまうので、ちょっと困惑したのだが、終わりに近付くにつれてそれまで貯めていた力を解放するかのように盛り上がってきて、最終的にはきちんとその頂点で終わった。
終演後はものすごいブラヴォーの嵐。

これは絶対に感動的なコンサートになりそうな気がしてチケットを買ったのだったが、そんな予想というか願望とはちょっと違っていたものの、とてもいいコンサートだった。

さて、これでオーケストラを聴くのもしばらくお休み。
いろいろ忙しくなるぞ。
「夏」本番。

« 最後の秘密 | トップページ | 今日の小ネタ »

コンサート(2008年)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74078/42092071

この記事へのトラックバック一覧です: ミューザの夏~ラフマニノフ:

« 最後の秘密 | トップページ | 今日の小ネタ »