2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト
無料ブログはココログ

« タローさんのCD | トップページ | オペラシティでN響 »

2008.06.09

パーティ演奏

昼から、リサーチの定期演奏会前最後の練習に参加。
ずいぶん前から準備を重ねてきたような気がするけれど、早いものだ。

今日は最後までお付き合いすることはできず、3時で辞して、市ヶ谷へ向かう。
メンバーの仕事関係の学会というか研究会の打ち上げというかパーティで、サクソフォン四重奏の軽い本番。
会場は駅前の私学会館。眼下は広大なお濠(昔の江戸城の外堀)と、桜の木の鬱蒼と茂った土手、土手に沿って行き交うJRの電車、お濠の向こうはビル街。なんだか模型みたいな風景だ。

友人の結婚式で過去何度か来たことがある。
思い出したがみんな演奏付きだった。目の前の土手の上で練習したこともあったなあ。

曲はイタリア協奏曲(バッハ)の1、ラグタイム組曲の1、3、青春の輝き。
宴会場の金屏風の前で演奏という、こういういかにもな本番は意外と久しぶりだったかも。
演奏自体はなんということなく、軽く楽しく終了。

ずいぶん昔のこと、以前所属していた(今は既にない)カルテットで、やはり何かの国際学会のファイナルパーティーの賑やかしに呼ばれて、横浜のホテルニューグランドの宴会場で演奏したことがある。
かなり広い、外国人もたくさんいるごった返した会場で、軽い曲をいろいろ演奏したけれど、なんか明らかに誰も何も聴いてないって雰囲気だったし、時間も余ったので、いいや、やっちゃえ、とばかりにたまたま持っていたデザンクロ(3週間後に迫っていた自主演奏会のメインプロだった)の3楽章をえいやっと吹いたら、演奏終了後なぜかその時だけ拍手が来た(^^;。
「本気」というのは、何か通じるものがあるらしい。

080608

(写真と本文内容は関係ありません…?)

« タローさんのCD | トップページ | オペラシティでN響 »

いざ、本番」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74078/41414355

この記事へのトラックバック一覧です: パーティ演奏:

« タローさんのCD | トップページ | オペラシティでN響 »