2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト
無料ブログはココログ

« 春の○犬 | トップページ | LFJ »

2008.04.29

インバルの「千人」

TMSO, 080429東京都交響楽団 特別演奏会-エリアフ・インバル プリンシパル・コンダクター就任披露公演(ミューザ川崎シンフォニーホール)

マーラー/交響曲第8番「千人の交響曲」

Sp:澤畑恵美、大倉由紀枝、半田美和子
Ms:竹本節子、手嶋眞佐子
Tn:福井敬
Bar:河野克典
Bs:成田眞
晋友会合唱団(合唱指揮:清水敬一)
NHK東京児童合唱団(合唱指揮:加藤洋朗)
指揮:エリアフ・インバル

いったいこれに何を書けというんだろうか。
凄すぎ。降参です。
細かなディテールやそれに対する感想を挙げていけばいくらでもあるんだけど、だからといってそれが今日鳴り響いた音楽の本質を言い当てるかというと、全然そうは思えない訳で。
曲からして、そもそもテキストがラテン語の讃歌とゲーテの『ファウスト』ですよ。ヨーロッパ文化の精神的根本と言ってもいい。ワタシ程度の(そして、ほとんどの日本人の)理解で、この曲の本質にアプローチすることなんか、出来っこない相談だ。

演奏そのものは、きわめて明快かつ冷静なものだったと思う。
「千人」を生で聴くのは3回めだけれど、今日はこの音楽の全貌をはじめて(私なりに)見た(聴いた)気がした。
その一種の冷静さを、演奏者全員、バンダの奏者から児童合唱のメンバー一人に至るまで共有していた(ように見えた)こと、そしてもっと単純に、このミューザ川崎というホールのアコースティックの適正さによること。
明日は同じ公演をサントリーホールで聴くことになっているけれど、今日ほど客観的に聴くことはたぶん不可能だろうと思っている。

« 春の○犬 | トップページ | LFJ »

コンサート(2008年)」カテゴリの記事

都響」カテゴリの記事

コメント

これはまた、ドエライものを聴いてしまいましたね!
それはそうと、いつの間にか、インバルさんが都響を振るようになったんですね。これは是非聴きにいかなくては!

只今サントリーホールから戻りました。私は今日のサントリーのほうが昨日のミューザより冷静に聴けました。恐らくそれは座席の位置のせいで、ミューザはなんと2階センターの前から4列目のど真ん中。高橋さんも小田桐さんも私の顔目がけてラッパを向けて攻めてくるもんですから、もうアッタマぐ〜るぐるでした。

基本的には昨日も今日も(そしておとといも)何を聴いたのか何を見たのか、ポカ〜ンとよくわかりませんでした。音程だテンポだアーティキュレーションだ、なあんてことはどっかへ吹っ飛んじゃって(もちろんインバル+都響なのでビシッと合っていましたが)、音楽だっつうことも超えて、何かひとつの、非常に高次な「体験」「体感」という感じでした。もしホール出口で「『都響教』へ入りませんか?」と勧誘されていたら、迷わず入信していたことでしょう。えへへ。

そして、NHK東京児童合唱団、ウマすぎです。

>タビビトさま
インバルは前世紀の終わり頃には結構毎年のように都響に来ていた時期があったのですが、今般はあの当時とは全く次元が違うぞ、ということを実感しています。
とりあえず今年度は来年3月まで出番はないようですが、是非楽しみにされたし。

>よねやま様
高次な「体験」…まさに、そうです。

酔狂でミューザのつぼ型のホールの一番底の最前列でインバルの背中に張り付いて聴いていました。ステージが低いのでインバルがバンダに指示する時にはこちらを向くし、コンマス’sとは目が合うし、面白い位置でとんでもない貴重な経験をしてしまいました。
ライブでも音が割れるんですね。。。

あそこで1階最前列ですか…それはそれはすごい経験をなさいましたね。

あの空間と時間を共有できましたことを、嬉しく思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74078/41037696

この記事へのトラックバック一覧です: インバルの「千人」:

« 春の○犬 | トップページ | LFJ »