2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト
無料ブログはココログ

« インバルの「千人」 | トップページ | 「千人」ふたたび »

2008.04.30

LFJ

ラ・フォル・ジュルネ(熱狂の日)音楽祭2008
今年のテーマは「シューベルトとウィーン」らしい。

クラシック好きとしては興味深い催しながら、私の場合以前から毎年ゴールデンウィークはプレイヤーモード全開で過ごすことになっているので、なかなか本気で楽しむところまではいかない。
それでも、雰囲気だけでも少しは味わおうと、初日(5月2日)夜公演のチケットを2つばかり買ってみた。

8時開演のホールA、フランス国立ボルドー・アキテーヌ管弦楽団による「ザ・グレート」(やはりフランスのオーケストラには興味を引かれる)と、昨年のLFJでも聴いて印象的だったフランスの室内オケ、レ・シエクルによるマーラー「大地の歌」室内楽版。こちらは10時半開演。終演予定は11時40分だと(*_*)
ちなみに翌3日からは、○サーチの合宿に参加する予定。帰って6日は発表会本番だ(>_<)

LFJ2008

会場の東京国際フォーラムの特設チケットブースで買ってみたんだけど、見てのとおりここ限定の特別デザインだった。ちょっと得した気分。

ホールAとC以外の公演はほぼ完売状態らしいけれど、もしこれから行ってみようという方がいらしたら、是非ミシェル・コルボ指揮ローザンヌ声楽アンサンブル他によるシューベルトのミサ曲第6番というのを聴いてみてほしいと思う。
去年同じ顔触れで聴いたフォーレのレクイエムがそうだったように、一生モノの感動が得られるであろうことは間違いないです。

« インバルの「千人」 | トップページ | 「千人」ふたたび »

音楽随想」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74078/41039015

この記事へのトラックバック一覧です: LFJ:

« インバルの「千人」 | トップページ | 「千人」ふたたび »