2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト
無料ブログはココログ

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

2008年4月

2008.04.30

LFJ

ラ・フォル・ジュルネ(熱狂の日)音楽祭2008
今年のテーマは「シューベルトとウィーン」らしい。

クラシック好きとしては興味深い催しながら、私の場合以前から毎年ゴールデンウィークはプレイヤーモード全開で過ごすことになっているので、なかなか本気で楽しむところまではいかない。
それでも、雰囲気だけでも少しは味わおうと、初日(5月2日)夜公演のチケットを2つばかり買ってみた。

続きを読む "LFJ" »

2008.04.29

インバルの「千人」

TMSO, 080429東京都交響楽団 特別演奏会-エリアフ・インバル プリンシパル・コンダクター就任披露公演(ミューザ川崎シンフォニーホール)

マーラー/交響曲第8番「千人の交響曲」

Sp:澤畑恵美、大倉由紀枝、半田美和子
Ms:竹本節子、手嶋眞佐子
Tn:福井敬
Bar:河野克典
Bs:成田眞
晋友会合唱団(合唱指揮:清水敬一)
NHK東京児童合唱団(合唱指揮:加藤洋朗)
指揮:エリアフ・インバル

続きを読む "インバルの「千人」" »

春の○犬

日曜日(27日)は、なめら~かの練習日。
5月6日の発表会前の、最後の練習。

発表会の曲目、エルガー「弦楽セレナード」の、通しを2度ばかり。
今日は試みに、通しのあと演奏者全員にコメントを言ってもらってみた。
はっきりした掴み所のない曲なので、練習の過程ではなかなか辛いところもあったけれど(レッスンでは何か吹くたびに「大きい」とか「音程悪い」とか言われまくって、かなり凹んだものだった)、ようやく音楽が「みんなのもの」になってきた感じがしている。
やり過ぎないよう、鳴らし過ぎないよう、サックスくさくならないよう、禁欲的に自らを制して、それでもなお音楽が自ら湧いて来るのを(あたかも、種を播いて芽が出るのを待つように)、待っていた、というか。
本番前に間に合ってくれて、嬉しい。

それにしても、なんていい曲なんだろう。
これで終わりというのは、惜しいな。もっとやっていたい。
なんてね。今更言うかい(笑)

続きを読む "春の○犬" »

2008.04.28

モーツァルトとフランセ

土曜日(26日)は、夏の札幌公演に向けてのカルテット練習。
あ、グループの名前は「アンサンブル・ソノラ」といいます。

Cordon_bleu_080426その前に、案内をいただいていたアマチュアオーケストラの演奏会へ。

コルドンブルー室内管弦楽団 第5回演奏会(青葉公会堂)

ヤナーチェク/組曲「青春」
モーツァルト/クラリネット協奏曲(Cl:鈴木生子)
フランセ/組曲「バレエ学校」
 指揮:野崎知之

フランス近代の珍しいレパートリーをプログラムに載せる野心的な室内オーケストラとして、2005年頃にいくつかコンサートを聴いたことがあった。しばらく活動休止していたが、めでたく復活との由。
こういう、「意思」というもののはっきりした演奏団体はプロアマ問わず貴重なので、頑張ってほしいものです。

続きを読む "モーツァルトとフランセ" »

2008.04.26

フランス音楽の4月…(4)パスカル・ヴェロ

Tokyo City Phil. 080424東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団 第218回定期演奏会(東京オペラシティコンサートホール)

ルーセル/異教徒の祭典のためのファンファーレ
同 /交響曲第3番
ラヴェル/組曲「クープランの墓」
ストラヴィンスキー/バレエ組曲「火の鳥」(1919年版)
 指揮:パスカル・ヴェロ

4月24日の締めくくりは、これ。
恐れ入りました、ってところ。
いまだかつてシティフィルで聴いた、最もすごい演奏のひとつかもしれない。

続きを読む "フランス音楽の4月…(4)パスカル・ヴェロ" »

4月24日(つづき)-平野さん

Hirano Masataka, 080424アリオン・アフタヌーンコンサート2008第1回~平野公崇 サクソフォンの世界(津田ホール)

C.ロバ/ハード
A.サヴレー/ソプラノ&テナー・サクソフォンとプリペアド・ピアノのための『ボザ山の中腹 A flanc de Bozat』
P.ヒンデミット(平野公崇編)/ヴィオラ・ソナタOp.11-4
J.S.バッハ(平野公崇編)/コラール前奏曲「われ汝に呼ばわる、主イエス・キリストよ」、主よ人の望みの喜びを、コラール前奏曲「いざ来ませ、異邦人の救い主」、ゴルトベルク変奏曲より変奏26、19、7、30
 平野公崇(Sax)、山口研生(Pf)

ピアノ合わせを終えて、ふたたび東武東上線で都心に舞い戻ってきたら、時刻は昼の1時半頃。
津田ホール(千駄ヶ谷)の昼公演になんとか間に合うところで、速攻で当日券を買って入る。
というか、最初からこれがあることを知っていたから合わせを今日に設定したようなものだった。

続きを読む "4月24日(つづき)-平野さん" »

2008.04.24

4月24日-合わせ

今日は仕事は休み。
遙かサイタマ県央のMさん宅へ、東武東上線に揺られてピアノ合わせに赴く。
先日の初合わせがレッスン兼で、しかも時間が1時間しかなかったので、最後は駆け足で尻切れトンボになってしまったため(そりゃ、通すだけで15分かかる曲だもの、途中止めてコメント等貰っていれば1時間くらいあっと言う間だ)、中途半端に終わった第5曲を中心に改めて仕切り直し。

続きを読む "4月24日-合わせ" »

2008.04.22

ロストロのチャイコフスキー

Rostropovich-Tchaikovsky長らくカタログから消えていた、巨人ロストロポーヴィチがロンドン・フィルを振ったチャイコフスキーの交響曲全集(EMI)が、没後もうじき1年という今になって、廉価ボックスで再発売されたという話を聞き、早速買ってきたところ。
「マンフレッド交響曲」を含む7曲に、「ロメオとジュリエット」「フランチェスカ・ダ・リミニ」も詰め込んだCD5枚組。H○Vで3190円でした。安いなあ。昔だったら1曲分の値段だ。

1976-77年録音ということは、かの名盤「シェエラザード」のちょっと後。
世評高かった録音だが、聴くのは初めて。

続きを読む "ロストロのチャイコフスキー" »

2008.04.20

小ネタ

Morugotobanana

…って何ですか。

アリスカンより魂は嘆きて

土曜日。
午前、楽器(アルト)の調整に、新宿2丁目の行きつけの店へ。
具合の良し悪しに関係なく、ほぼ定期的に持って行っているんだけど、今回はどうやらメカニズムの狂いがかなり大きかったらしい(時間もかかったし、請求された料金もいつもより高かった)。
確かに、普段の時期に比べれば稼働量も吹いている音符の数(楽譜の難しさ)も多いのだから、当然といえば当然。
道具は正直だ。

その後、新桜台の1619というスタジオに移動、5月6日の本番のためのピアノ付きレッスン。
もともと初回のピアノ合わせを19日にするつもりで場所を探していたら、先生がこの日ここでレッスンをしていることが分かり、便乗させてもらったのだ。

続きを読む "アリスカンより魂は嘆きて" »

2008.04.15

モントリオール交響楽団

OSM, 080414モントリオール交響楽団 東京公演(サントリーホール)

ドビュッシー/牧神の午後への前奏曲
同 /海
R.シュトラウス/アルプス交響曲
 指揮:ケント・ナガノ

今年最初に聴く外来オケ。
いやー、すばらしく良いオーケストラです。
アメリカとヨーロッパのオケのいいとこ取り。少なくとも私にとっては、「オーケストラ」というものの理想型だ。

続きを読む "モントリオール交響楽団" »

2008.04.13

フランス音楽の4月…(3)新日本フィル

NJP, 080412新日本フィルハーモニー交響楽団 第429回定期演奏会(すみだトリフォニーホール)

ルーセル/バレエ音楽『バッカスとアリアーヌ』第1組曲、第2組曲
デュティユー/一つの和音の上で Sur le même accord-ヴァイオリンと管弦楽のための夜想曲(Vn:米元響子)
ドビュッシー/海
 指揮:ファブリス・ボロン

4月12日。
この4月の東京オーケストラ界は不思議とフランスづいているのである。新日と全く同日程(4/11、12)のN響C定期はメシアンのトゥランガリラ交響曲だし、あと4/24の東京シティフィル(パスカル・ヴェロの客演なのでこれは聴く予定)、続く25、26日の日本フィルもオールフランス物だ(ミヨーの『フランス組曲』のオーケストラ版というのがなんとも)。
また、その昔「フランスのオーケストラよりもフランスらしいオーケストラ」と呼ばれた(今は知らない)モントリオール交響楽団も来日する。

続きを読む "フランス音楽の4月…(3)新日本フィル" »

2008.04.12

フランス音楽の4月…(2)フロラン・シュミット

今日(11日)のこと。
ちゃんと遅れは取り戻したぞ。(別にエラかないが)

Futaba Inoue, 080411井上二葉 ピアノ独奏会2008(浜離宮朝日ホール)
-歿後50年のフロラン・シュミットをめぐって-

G.サマズイユ/3つの小さなインヴェンション
F.シュミット/2つの小品Op.57~クロマティック・ハープまたはピアノのための
 I 荒野、II 旋回
同 /『親密な音楽』より
 僧院Op.29-1
 葉っぱの唄Op.16-6
 弔鐘Op.29-6
 航跡Op.29-2
 そよ風Op.29-3
G.フォーレ/前奏曲集Op.103よりIII、IV
同 /夜想曲第12番Op.107
同 /舟歌第13番Op.116
F.シュミット/7人の乙女の舟歌Op.87-2
同 /ガブリエル・フォーレの名によりOp.72-2
C.ドビュッシー/エレジー
同 /赤々と燃える炭火に映える夕べ
F.シュミット/そして牧神は月に照らされた麦畑の奥で肘をつくOp.70-1~クロード・ドビュッシーの追憶に

今日は横浜では東京佼成woの定期で、須川さんと田中靖人さんがともどもソリストとして登場ということで、Thunderはそっちに行ったんじゃないかと思っている方も多かったようですが(笑)、今回は全く迷うことなくこちらへ。
言葉にならないような感動的なコンサートだった。
と書きつつ言葉にしちゃうけど。

続きを読む "フランス音楽の4月…(2)フロラン・シュミット" »

2008.04.11

フランス音楽の4月

そして、翌土曜日(5日)。

Academie de musique francaise de Kyoto, 080405京都フランス音楽アカデミー アンサンブル・スペシャルコンサート2008(横浜みなとみらいホール・小ホール)

ドビュッシー/弦楽四重奏曲
 Vn:アレッサンドロ・モッチア、森悠子、Va:ジャン=フィリップ・ヴァッスール、Vc:フィリップ・ミュレール
同 /牧神の午後への前奏曲(G.サマズィユ編)
 Fl:フィリップ・ピエルロ、Pf:フローラン・ボファール
同 /シリンクス
 Fl:フィリップ・ピエルロ
同 /ヴァイオリンソナタ
 Vn:ジャン=ピエール・ヴァレーズ、Pf:クレール・デゼール
同 /チェロソナタ
 Vc:フィリップ・ミュレール、Pf:クレール・デゼール
同 /クラリネットのためのプルミエ・ラプソディ
 Cl:ロマン・ギュイオ、Pf:フローラン・ボファール
三木稔/二十絃箏独奏のための『五段の調べ』
 箏:大谷祥子
宮城道雄/春の海
 Vn:ジャン=ピエール・ヴァレーズ、箏:大谷祥子
サン=サーンス/組曲『動物の謝肉祭』
 Pf:クレール・デゼール、フローラン・ボファール、Vn:ジャン=ピエール・ヴァレーズ、森悠子、Va:ジャン=フィリップ・ヴァッスール、Vc:フィリップ・ミュレール、Cb:長谷川順子、Fl:フィリップ・ピエルロ、Cl:ロマン・ギュイオ、Perc:宮本妥子

80年代末から続く、フランス音楽好きにとってはこたえられない、この季節の楽しみ。
京都フランス音楽アカデミーの講師陣による、室内楽演奏会。
ワタシゃアカデミーを受講することはできないけれど、この超豪華な顔ぶれによるコンサートは毎年、聴けるかぎりは聴いてきた。
去年の日記はこちら

続きを読む "フランス音楽の4月" »

2008.04.10

春のデュオ&トリオ

続いて、金曜日(4日)。

Deux saxophones et piano2本のサクソフォーンとピアノのトリオ・コンサートVol.1(台東区生涯学習センター・ミレニアムホール)

R.グリエール/8つのデュエットOp.39より「ガボット」
G.ラクール/ソプラノサクソフォンとテナーサクソフォンのための『ドゥブル・ジュー』
J.ハルヴォルセン/パッサカリア
F.プーランク/ピアノ、オーボエとバスーンのための三重奏曲
神崎えり/三重奏曲(委嘱作品・初演)
J.M.ダマーズ/ソプラノサクソフォン、バリトンサクソフォンとピアノのための三重奏曲
 塩安真衣子(S.Sax、A.Sax)、平賀美樹(T.Sax、B.Sax)、羽石道代(Pf)

以前、クィンテット・シルクの演奏会で接して、得がたい印象を持っていたおふたり+ピアノによるコンサート。

続きを読む "春のデュオ&トリオ" »

2008.04.09

トレヴァー・ワイを聴く

先週の木曜日(3日)のこと。

発表会に向けての、二度めのレッスン。
結局のところ自分は、サクソフォンを演奏する上で本当に必要な基礎技術を、かなり忘れてしまっているのだな、ということを実感する(理屈では覚えているんだろうけど)。
律儀に週1回のレッスンに通っていたのは、私の場合もう20年以上も前のことなのだから、埃だって積もる訳だ。
今日はじめて吹いた5楽章はお話にならないほど酷かったけれど、「ちゃんと」思い出しさえすればたぶん大丈夫だと楽観している。現に、3週間前の1回めのレッスンではあれだけ悲惨だった1楽章は、あのあと3-4時間程度しか楽器(アルト)には触っていないにもかかわらず、だいぶまともになってきたもの。

ちゃんと定期的にレッスンに通えばもっと上手くなるだろうということは判っちゃいるし、実を言うとラクールの1番からやり直してみたい欲求は今の自分の中にもあるんだけど、たった2-3回の曲レッスンのためだけにも仕事休まなきゃ対応できない現状では、それもままならず。ううむ。

レッスン終了後は、神楽坂の音楽の友ホールへ。

Trevor Wye, 080403トレヴァー・ワイのフルート・ファンタスティック!(音楽の友ホール)

クープラン/組曲「クープランの恋人たち」(トレヴァー・ワイ撰)
 修道女モニカ~バンドリン~フォルラーヌ
シベリウス/ロンディーノ
シャミナード/秋
ゴッチョーク/死にゆく詩人の瞑想曲
ゴーベール/マドリガル
トゥルー/カラファの主題による変奏曲
(休憩)
58のフルート(笛)によるヴェニスの謝肉祭変奏曲
 Fl:トレヴァー・ワイ、Pf:鈴木華重子

続きを読む "トレヴァー・ワイを聴く" »

2008.04.05

音楽的日常

週に5日の会社勤め、残業も多し。それでも今は年明け頃の一時期に比べたらまだ落ち着いているのが救い。
夜は時々コンサートの客席に座り、家に帰れば深夜まで楽譜書き。
休日は練習。練習のない日は(いや、練習があっても週に一度は)、青梅まで往復6時間かけて父に会いに行く。
行ったところで別に何をするって訳でもないし、向こうだってオレが誰かなんてもしかしたら忘れてしまっているのかもしれないけれど、もう「親孝行」なんか何もすることが無くなってしまっている今、できることといったらそのくらいしかないのさ。

昨日は会社を半休して、5月6日の発表会に向けての二度めのレッスン。ピアノ合わせの場所と時間が決定。そのあとトレヴァー・ワイのフルートを聴きに行く。
今日も先程までコンサート会場に居た。明日の土曜日は午前中近所のスタジオで練習(おさらい)、午後は横浜へ出てコンサート、夕方からは新宿で、友人のバリトンサックス選定のお手伝い。
昨日今日のコンサートの話はいずれまた。今はちょっと、細かい感想を書いてる時間がない。

続きを読む "音楽的日常" »

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »