2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト
無料ブログはココログ

« ダブルブッキングだと? | トップページ | コンクールの哲学 »

2008.02.03

SAXOPETライブ

今日(土曜日)もまだまだ本調子ではなく、外出予定をいくつかキャンセル。
それでも、これには行ってきた。
「サクソフォンの演奏会」カテゴリ、2008年第1号。

神代修&雲井雅人 「SAXOPET!」CDリリース記念コンサート(アーティストサロンDolce)

伊藤康英/木星のファンタジー
同 /チョコレート・ダモーレ
徳永洋明/海からの手紙
タネーエフ(山下真悟編)/コン・フォーコ
ダマーズ/ヴァカンス(Saxソロ)
ブラント/子守歌(Tpソロ)
リヴィエ/アルトサクソフォンとトランペットのための協奏曲
 神代修(Tp)、雲井雅人(Sax)、久保田美絵(Pf)、徳永洋明(Pf、自作・ブラント)

100席ほどの会場は大盛況。
どころか、どうもチケットの発券枚数を間違えたのか、とっくに満席になっているのに、まだどんどん人が来る。
舞台横のスペースにも椅子を(しかも左右2列ずつ)並べ、中央の通路にも椅子を置き、むりやり収容。ワタシも結構いいところに陣取っていたのに、最後には壁際の一番奥まで追い詰められてしまいました。
密室でしかも超満員で、いちばん隅っこの風邪っぴきには呼吸が苦しい状態。それでもなんとか聴く。

CD「SAXOPET!」の発売記念ということで(こちらに記事が残っている)、CDの収録曲からいくつか。
CDは神代さんが言い出しっぺになって作られたものだそうで、なぜサクソフォンとのデュオのCDになったのかは結局よく分からなかったが、神代さんの音色というのはわりと木管楽器的なイントネーションを持っていることが(「プスッ」という音を絶対に出さないところが立派)、こうしてライブで聞いてみるとわかる。
斜に構えたお洒落さをもつサックスの音楽と、ストレートで潔癖なトランペットのそれ、両方のいいところをいただこうということなのかな。CDだとそれほどでもないけれど、ライブだと聴いているうちに、お互いの音色もだんだん似てくる感じがする。
徳永作品とか、タネーエフとか、情感の濃い作品によく似合う音だと思った。

そうそう、雲井さんの「ヴァカンス」は初めて聴いたけれど、あの独特のストイックな感じが、学生の春休み、って雰囲気ですね。フランス人のヴァカンスではなく、日本人のヴァカンス(2泊3日くらいで終わっちゃって、しかもいつ会社から電話かかってくるか分からない、みたいな)でもなく。

アンコールに、ケンツビッチ「黄昏」(これもCD収録曲)、そして「木星のファンタジー」をもう1回。

Recitation Book今月末発売予定の雲井雅人サックス四重奏団のニューアルバム「レシテーション・ブック」(CAFUA)が先行入荷していたので、購入。
某所で写真を見せてもらって知ってはいたけれど、ジャケットが渋いのですよ。手に取って現物を見て、「カッコイイー!」と叫んでしまった。
サクソフォンのCDとしては、間違いなく今までになかったコンセプトだ。中世の彩色写本をイメージしたとのことで、「サックスに関心のない人にもジャケ買いさせたい」、という意気込みで作ったとの由。

Glenn Gould私がこのジャケットを見て連想したのは、グレン・グールドの名盤、「ウィリアム・バード&オルランド・ギボンズ作品集」だった。
最近紙ジャケットで復活したやつ。
雲井さんご本人にその話をしたら、雲井さんも「バード&ギボンズ作品集」はご存じで、「あれはいいよね、」という話になったりした。(今日の話ではないが)

実は家に帰ってきてすぐにバッタリと倒れてしまい、先程やっと起き出してきたところなので、CDはまだ聴いていない。
これから聴きます。

« ダブルブッキングだと? | トップページ | コンクールの哲学 »

サクソフォンの演奏会(2008年)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74078/17935145

この記事へのトラックバック一覧です: SAXOPETライブ:

» Recitation Book [脳を鍛える大人のブログ]
2/2に SAXOPET!posted with amazlet on 08.02.03雲井雅人 神代修 神代修 雲井雅人 藤井一興 徳永洋明 山下真悟 伊藤康英 ケンツビッチ リヴィエ タネーエフ オクタヴィアレコード (2007/10/24)売り上げランキング: 8113Amazon.co.jp で詳細を見る の発売記念演奏会がドルチ... [続きを読む]

« ダブルブッキングだと? | トップページ | コンクールの哲学 »