2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト
無料ブログはココログ

« とりあえず、明日は本番 | トップページ | デクリュック、デル・トレディチ、ダンディ »

2008.01.21

そして、終了

ハルモニアWE本番終了。
こういう、典型的に楽しく、ストレスのない(感じる必要のない)吹奏楽の本番つうのは久々だったなあ。
こんなもんいつの間に作ってたんだ、という小道具やら衣装やらの数々が本番ではどんどん出てくるし。高校生みたいなノリ。

しかしみんな、なんで、練習では出来た試しのなかったことが本番では出来たりするんだろうか。
教える立場に立つこともある身としては、ありえない事態である(子供たちとかには大抵、「練習で出来ないことが本番で出来る訳がないだろ、」という諭し方をします)。
難しく言えば、この現象は、ある種の集中力のコントロールが、本番という特殊な精神状態の条件下で無意識のうちに合目的的に作用する、ということだ。
易しく言えば、「火事場の馬鹿力」、ということ。
意識して「それ」をコントロール出来る人間のことを、「天才」と呼ぶのだ、おそらく。

杉並公会堂

建て替わった杉並公会堂のステージに、はじめて乗る。
建て替わる前の舞台には、20年くらい前に一度乗ったことがある。それ以前からも、聴きにはよく来ていた。
ワンフロアの古めかしい多目的ホールだった会場は、シューボックス型の素晴らしい音楽ホールとして生まれ変わっていた。響きはとても多いけれど(こういう響きに慣れていないであろう団員さん達からはかなり困惑の声も聞こえたけれど)、舞台上でお互いの音が聞きとりやすいことに関しては、最近出来た新しいホールの中でも屈指のものではないかと思う。さすが、日本フィルというプロのオーケストラが本拠地にしているだけのことはある、というか。
「杉並公会堂」という名称を変えなかった(最近よくあるヘンテコなカタカナ名前を付けなかった)設置主体者の見識にも、拍手。

打ち上げには一次会まで参加。楽しく飲み食い、お喋り。
二次会は失礼させていただいた。
今回は呼んでいただいてありがとうございました。また機会がありましたら是非。>関係各位

« とりあえず、明日は本番 | トップページ | デクリュック、デル・トレディチ、ダンディ »

いざ、本番」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74078/17770243

この記事へのトラックバック一覧です: そして、終了:

« とりあえず、明日は本番 | トップページ | デクリュック、デル・トレディチ、ダンディ »