2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト
無料ブログはココログ

« ギャルドのサクソフォン・セクションの変遷 | トップページ | 北国のトリオ・ダンシュ »

2007.11.12

ディアステマSaxQ.のCD

某サクソフォンアンサンブルを聴きに行ってました。
うちのアンサンブルのメンバーが掛け持ち出演していたので、応援に。
まあ、私たちとはかなりコンセプトの違う(団員の年齢構成とかも(^^;)団体ではある。

開演時刻を勘違いして遅れて到着したら、プログラム冊子が既に出尽くして無くなっていた。
普通そういう場合は(定員592のホールで演奏会を開催して、プログラムを300部しか準備せず品切れになるというのは、明らかに主催者側の不手際だから)、急いでコピー増しをして次の休憩なり終演後に渡し直せるよう準備するくらいのことをするのが当然だと思うんだが(とある別の団体では実際そうやっていたが)、どうもそういう発想は無いようで、受付に立っていたねーちゃん2人に聞いても「全部はけてしまいました、すみません」と言うだけで、2人してお喋りを続けていた。
まあ、友人の団員さんか誰かに頼まれて駆り出されただけ(たぶん)の受付嬢に文句を言っても仕方ないので、会場で遭遇した知人にお願いして、独自にプログラムは確保。(ありがとうございました)

という訳で、今日はこれ以上のコメントは控えさせていただきます。

終演後は新宿に移動。

先日のパリ管公演のために帯同して来日したクリストフ&フィリップの2人が、所属するDiastema Saxophone QuartetのCDをフランスから持参してドルチェ楽器に置いていった、という情報をしまっぷー先生経由で聞いたので、押さえておいてもらって取りに行ったという訳。

Diastema SaxQ
ハイドン/「太陽四重奏曲」第5番、モーツァルト/弦楽四重奏曲第21番K575、ベートーヴェン/ピアノ五重奏曲(Naxos)

Diastema SaxQ
バーバー/弦楽四重奏曲Op.11、グラズノフ/サクソフォン四重奏曲Op.109、ショスタコーヴィチ/弦楽四重奏曲第7番(AMES)

見てのとおり、たいへん興味深い内容。
ベートーヴェンのピアノを弾くのは、オディール・ドラングル(クロードの夫人)である。
バーバーの弦楽四重奏は、第2楽章が例の「弦楽のためのアダージョ」になっているヤツ。

デファイエ四重奏団の次の世代のフランスのサクソフォンカルテットというと、フルモー四重奏団が真っ先に思い浮かぶかもしれないけれど、フルモーQ,は私の印象では新しい世代とデファイエ以前の古い世代を折衷したスタイルに思える。
のちにハバネラQ.に結実する、フレンチ・エコールの新しいスタイルのカルテットの開祖は、今年結成21年になるこのディアステマQ.ではないだろうか。

ドルチェの店頭には、私が行った時点で前者が2枚、後者が5枚くらい置いてあった。
早い者勝ちです(笑)
なので、まだ、ざっと「ながら聴き」をしている段階だけれど、急ぎupする次第。
…しかし、いくら日本で入手しづらいフランスのローカルリリースとはいえ、NaxosのCDに3000円という値付けはちょっと不思議だが。
(別にドルチェが不当利益を得ている訳ではなく(^^;、最初からそういう値段だったそうだ)


ドルチェ楽器に着いたら、ちょうど、あの伊○たけしがマウスピースを選んでいたところ(!)。

久々に間近で見るたけしさんは、随分と枯れた雰囲気のオッサンになっていて、意外に思った。

まだ等々力の環八沿いにあった頃のアクタスで、初めてたけしさんに遭遇したのは、もう15年以上前のことかもしれない。
そのときはネックか何かを選んでいたのだが、試奏室の中ではなく、店先でブリブリとアルトを吹きまくっていて、CDで聴く音色そのまま、しかもものすごい音圧のサウンドがさほど広くない店内を飛び交っていた。
たまたまそのへんに居合わせたお客さんにも「ねえ、これとこれ、どう思います?」とか大きな声で気さくに声をかけられていて、私も聞かれたので「そうですね、そっちの方が音が来る、って感じですねえ、」などとテキトーなことを答えたら、「ああー、そうですかぁー」と大きく頷いておられました。

うおー、オレ、あの○東たけしにアドバイスしちまったぜい(笑)。

というような印象が強烈だったので、今般、もの静かに、しかし不思議なオーラを漂わせつつK田さんと話し込んでいるたけしさんの間近にいて、何か知らん、緊張しました。
緊張している場合じゃないのかもしれないが。

« ギャルドのサクソフォン・セクションの変遷 | トップページ | 北国のトリオ・ダンシュ »

サクソフォン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74078/17047467

この記事へのトラックバック一覧です: ディアステマSaxQ.のCD:

« ギャルドのサクソフォン・セクションの変遷 | トップページ | 北国のトリオ・ダンシュ »