2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト
無料ブログはココログ

« 品川駅 | トップページ | 水戸芸術館 »

2007.11.24

静岡のドラングル

というわけで静岡でした。

Quest, 071123クロード・ドラングル サクソフォン・ライヴ "Quest"(静岡音楽館AOI

G.シェルシ/3つの小品~ソプラノサクソフォン独奏のための
P.ジョドロフスキ/混合(Mixtion)~テナーサクソフォンとライヴ・エレクトロニクスのための
L.ナオン/分岐する小道(Senderos que bifurcan)~ソプラノサクソフォンとライヴ・エレクトロニクスのための
G.スピロプロス/サクスティ(Saksti)~テナーサクソフォンとライヴ・エレクトロニクスのための
C.ドラングル/アラウンド(Around - L.ベリオ/セクエンツァVIIbによる)~5つのサクソフォンのための
A.マルケアス/ペリルプシス(Perilepsis)~アルトサクソフォンとライヴ・エレクトロニクスのための(初演)
鈴木純明/凪~ソプラノサクソフォンとサクソフォン四重奏のための(日本初演)
M.ストロッパ/ ...of Silence ~アルトサクソフォンと室内エレクトロニクスのための(静岡音楽館AOI委嘱作品・初演)
J.t.フェルドハウス/グラビット(Grab it!)~テナーサクソフォンとCDのための
M.タディーニ/ブレリア(Buleria)~ソプラノサクソフォンとライヴ・エレクトロニクスのための(日本初演)
 Claude Delangle、
 平野公崇、波多江史朗、井上麻子、有村純親(サクソフォン)
 Marco Stroppa(作曲・コンピュータ)
 Arshia Cont(コンピュータ音楽デザイン、IRCAM)
 Joachim Olaya(サウンド・エンジニア、IRCAM)

…タイプしてるだけで疲れた(苦笑)。
パリ国立高等音楽院サクソフォン科教授クロード・ドラングルの、今回の来日唯一のコンサート。
見てのとおり、目眩のするような刺激的な内容であります。

ステージ上には、中央に巨大なPAスピーカーの塊と回りを取り囲んで配置された譜面台、向かって右奥には四重奏用に椅子がセットされたひな壇、ステージ前方には上手・中央・下手と3箇所の立ち位置に配置されたPCモニター(楽譜が映し出されるのか)、他にもいくつも林立するPAスピーカー。
いったい何が始まるんでしょうか、という感じ。

照明が落ちて真っ暗になった中、登場したドラングル氏、なんと全10曲、休憩なし、曲間すらほとんど無しでまる2時間、ぶっ通しで吹ききった(!)。
どれもこれもほとんどが、電子音響とサクソフォンの競奏による超現代作品であるので、正直どの曲がどうでという印象はよく覚えていないけれども、様々なデザインの音楽的迷宮というかお化け屋敷を彷徨うような2時間を過ごすこととなった。
こうして並べて聴いてみると、鈴木純明氏の作品はやはり日本人の感性だなあ、などとも思うのだった(起承転結のような論理性を感じるヨーロッパの方々の時間の捉え方に比べて、伸張と断続を繰り返す歌舞伎や長唄のような時間感覚があるなあ、とか、テキトーな言葉を並べてみたりする)。

演出と音響デザインは、全く隙のない見事としか言いようのない進行。
東京で聴いたこの手のライヴエレクトロニクスの演奏会は、細部のドタバタがどうしても見えてしまって学園祭みたいな雰囲気になってしまいがちだったけれど、さすが、フランスから同行したIRCAM(かのブーレーズが創設した国立音楽音響研究所)のスタッフによる仕切りと、会場側の完璧なバックアップにより、まさに外世界とは隔絶した時空間が実現されていた。
演奏が終わって場内が明るくなり、演奏者に拍手を浴びせているとき、ふと、今までの演奏は夢だったのか、それとも今この時間が夢であって先程までの演奏こそが現実だったのか、不思議な感覚にとらわれる。

いやはや、こんなこと、なかなか出来る(経験できる)もんじゃない。
単なる「コンサート」ではない、まさにタイトル通り、言葉の最も根本的な意味で「ライヴ」、だった。
これが東京でなく、静岡で実現した、というのは、すごいな。
AOIの音楽監督が野平一郎さんだったから、という理由のほか、いろいろな事情はあったようだが。

客席には、静岡大の北山先生(本日がリアルでは初対面だった)をはじめ、現実・仮想・ネット界とりまぜた東京はじめ各地の友人知人、セルマージャパンのT楽さん、何人もの東京在住のプロ奏者の皆さん、芸大の学生さんetc.が集結。
「サミット」、という趣でした。

終演は8時頃で、東京に帰るには余裕があったので、楽屋にも顔を出す。
ドラングル氏にもサインを頂く。

Delangle

一言: ドラングルはダニエル・カールにちょっと似ている(正面から見ると)。

« 品川駅 | トップページ | 水戸芸術館 »

コンサート(2007年)」カテゴリの記事

コメント

面白い正に「体験」でした!
最後尾のスピーカーが座った並びにあったんで、サラウンド感抜群でしたよ。
電子音響は、緻密に計算された響き・音色がしてましたね。
ストロッパ氏の曲、最初の楽章の、楽器と音響が一体となった、何とも言えない響きは不思議な感覚でした。

いやはや、北山先生にお会い出来たり、様々楽しかったです。(^^)

来週、公開レクチャーに行きますが、どんな話が聞けるか楽しみです!

帰り着きました。もう朝です(笑)

そういえば、私ドゥラングル教授の演奏を生で聴くのは初めてでした。こういったプログラムで聴けたことを、幸せに思います。また、Thunderさんがおっしゃるとおり、演奏のみならず音響デザインのすばらしさも際立っていました。

最後に演奏されたタディニの作品の面白さを発見できたことが収穫でした。楽譜、探してみるつもりです。

また静岡にお見えのようですが、なかなか会う機会はありませんね。

今回は都合付かなくて聴きに行けず残念至極。

AOIってこういうスゴいのをたまにやるんだけど、少しでもチケットの手配が遅れると全然買えないんですよ。
今回はまた静岡だけだから特別なんでしょうけど、同じ団体のチケットを東京で買えなかった人が静岡に来ちゃうらしい。しかも駅は目の前だし。

静岡でしかやらないのが名誉みたいな「ライヴ」をやるかと思えば、今度の金曜日には私の所属するバンドもそこでやるんですよね。何だか変な気分。でも吹奏楽向きじゃないんだよな。

みなさまお疲れ様です。

>京青さま
私の席は2階Lスピーカーの真下でした。
会場の残響時間をも考慮した音響補正がなされていたように聞こえました。
IRCAMスタッフ、恐るべし。

>kuriさま
今回は教授の本領を見たという感じでしたね。
88年コングレスでの初来日以来、私のドラングル体験はリサイタル3回(89年、93年、2001年)、コンチェルト3回と、決して少なくはないのですが、これほど印象的だったものはあまりなかったような。

>zaksさま
まあ、いつもトンボ帰りということもありますが。
そういえばAOIの主催公演一覧のパンフなども見たのですが、なかなか気合の入ったラインナップで、東京から行く人も多そうですね。新幹線で1時間ですから。
終演後出演者の皆さんと散々ワイワイやってそれから東京に帰って、11時前には帰宅出来ちゃうのはすごいと思いました。

たしかに吹奏楽向きではなさそうな。
あと、ソファみたいな低い椅子が座り辛かった。

静岡で鑑賞できて羨ましいですね。IRCAMまであるなんて。CNSDMPも?私はC.Delangleのマスタークラスを観ました。平野さんは好きですね。日本のサックス演奏者も挑戦してほしいですね。P.Boulezがいる国は羨ましい。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74078/17168009

この記事へのトラックバック一覧です: 静岡のドラングル:

« 品川駅 | トップページ | 水戸芸術館 »