2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト
無料ブログはココログ

« 【連載】マルセル・ミュールの生徒たち 23 | トップページ | ピアニストと初対面 »

2007.08.11

「真夏の夜の幻想」

OperaCity070810東京オペラシティ・開館10周年特別演奏会(東京オペラシティコンサートホール)

R.シュトラウス/交響詩「ティル・オイレンシュピーゲルの愉快ないたずら」
ショパン/ピアノ協奏曲第2番(Pf:小山実稚恵)
ベルリオーズ/幻想交響曲
 大野和士指揮 東京フィルハーモニー交響楽団

「真夏の夜の幻想」、というまさに惹句の通りの、素晴らしい演奏会を聴いた。
先程聴いたものが本当に現実のものだったのか、もはやよく判らない。
かの大野和士の、この夏の帰国時の数少ない演奏会のひとつ。発売後あっという間に売り切れてしまったようで、諦めていたんだけれど、いろいろあって無事聴くことができた。ありがとうございます。

オーケストラは対向配置だし、「幻想」は2楽章コルネット付きのオリジナル版だし、大野さんならではのコダワリは随所にあるけれど、何よりとにかく出てくる音の説得力が違う。このオペラシティという会場は小さめなので、どうかすると音が飽和しがちだけれど、今日は全然そんなことはない。すべての音が楽に伸びやかに鳴っていて、しかもここぞというところのf(フォルテ)の迫力はすごい。すごいんだけど、それが全然うるさくはない。ストレスのない明るい発音は、まるでヨーロッパのオーケストラのようだ。日本のオーケストラの音ではない(東フィルはこの1年間に4-5回聴いたはずだけれど、こんな音が出ていたのは正直言って聴いたことがない)。
どんな指揮者でもこういう音が出せるんだったら、N響なんか楽々と超えて本当に日本最高のオーケストラたり得るんだろうけれど。…

「ティル」でも「幻想」でも、大野さんの解釈はそれぞれの場面場面を丁寧に作っていくというより、大きな流れの中でさまざまな響きの遠近やうつろいを演出しているように思えた。

終演は9時半近く。オケが解散しても喝采は止まず、大野さん一人を舞台に呼び返して拍手を浴びせる。
もはや巨匠の風格だった。

« 【連載】マルセル・ミュールの生徒たち 23 | トップページ | ピアニストと初対面 »

コンサート(2007年)」カテゴリの記事

コメント

「大野さんって『はね上げ』ですね。芸大出だから?」という、終演後のThunderさんの名言にも膝を打ちました。えへへ。

なおかつ、腕の動きと棒の先端の動きが微妙に異なる「クライバー流」も実践しておられますね(^^)

大野さんの棒の動き方って、普通の日本人指揮者と全然違うなあ、と、昔からなんとなく感じていたんですが、そういうことか。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74078/16072364

この記事へのトラックバック一覧です: 「真夏の夜の幻想」:

« 【連載】マルセル・ミュールの生徒たち 23 | トップページ | ピアニストと初対面 »