2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト
無料ブログはココログ

« デファイエ関連サイト | トップページ | クラウス・ウールセン »

2007.07.09

新ストラップ覚書

この土日にしたこと。
アンサンブルの練習をまる1日(午前カルテット、午後ラージ。カルテットはドビュッシー「ベルガマスク組曲」の初合わせ。これはマジで大変だ;)、その他に近所のスタジオを借りての個人練習を2コマ。その他、コンサートを聴いたのが2つ。呑み会が1回。今日は青梅まで父との面会。ふう。
濃い週末であった。どれをとっても各々1エントリ分の内容はあるので、一度には書けないけれど、気が向いたら順々に書いてみます。

今日は午前中、個人練習。
家はマンションの一室で、音出しは遠慮しながらになってしまうので、時々こうしてスタジオを借りている。
安いカラオケボックスとかが近所にあれば良いんだけど、近辺が結構静かな住宅地なもので、そういうものは無いのですよ。

先日購入したブレステイキングという新ストラップを使っているんだけど、もう普通の吊り下げ式ストラップには戻れないです。
身体の負担が軽いとかなんとかということより、音が伸びやかに楽に出ることが第一の長所だと思う。これを使った後に普通のストラップを使うと、まるで空気の出口をぎゅーと握りつぶしながら無理やり息を出して吹いているような気がしてくる。こんな苦しいカッコでオレは30年もサックス吹いてたのか、と。
姿勢の保持が楽だということも、勿論、利点である。教えている生徒には「楽器は立ったままさらえ、」と言いながらも、今までは自分では1コマ2時間の個人練習時間を立ちづくめというのは辛くてどうしようもなく、途中で座っていたものだったが、このストラップだと立ったまま2時間ぶっ通しでスケール練習をしていても大丈夫だ(重量を肩で支えることになるので、持病の肩凝りの解消には実のところあんまりならないんだけれど)。

欠点は長さの調整が面倒なことと(アジャスター3箇所を微調整しなきゃいけないので、急な持ち替えとかにはまず対応不可能。一度調整すればあとはかぶるだけで使えるけれど、着ている服の厚み次第で長さは変わりますからね)、楽器ケースの小物入れに入らないことか(私の場合。勿論、ケースによっては入るものもある)。
まあ、でも、それは仕方ないか。

まだアルトでしかちゃんと使っていないため、テナー、バリトンでの使用感は未確認。
ただし、とりあえずテナー、バリトンでも使えることは確認済。

速報
毎年の夏の風物詩でもある、「第20回サクソフォーン発表会」、今年は8月17日(金)の開催です(川口リリア・音楽ホール)。
今日の個人練習は、そこで演奏する曲の譜読みも兼ねていたのだ。
私にとっては、以前upしたG大本番の翌日ということになる(コメントでもこっそり触れてます)。
こんな大きな本番を2日連続で、というのは初めての経験なので、楽しみなような不安なような。
例年のように、特別ゲスト須川展也、入場無料、ということは確定だけれど、今年はみんな動き出しが鈍くて、いまだに誰が出るのかハッキリしていない(ということで開演時刻も未定)。最終的にはいつもどおりの感じになるんじゃないかしらん。

昨年(2006)の詳細はこちら、一昨年(2005)はこちら
委細後日。

« デファイエ関連サイト | トップページ | クラウス・ウールセン »

サクソフォン」カテゴリの記事

コメント

ブレステイキングのストラップを、テナーで使っています。吊り下げ式はもちろん、ハーネスにも戻りたくないです。左側の補助ストラップをかなり緩めにしておかないと、調節金具が肋骨に当たって、そこだけハーネス状態になってしまいます(座って演奏する場合は特に)。首が締め付けられていないと、こんなにも楽な物かと思いました。10倍くらい息が入る感じといってはオーバーでしょうか?

私も、単に楽器をぶら下げてみただけではなく、実際に音を出してみたときに真価が判る、という感じがしました。

ハーネスが「緊縛型」だとしたら、ブレステイキングは「パラシュート型」とでも呼ぶんでしょうかねえ(笑)

おととい購入してしまいました。
新しいストラップ…。
音が伸びやかになるという効果は残念ながらなかったのですが(私の音が小さいのは精神的なものらしいので)、体は非常にらくちんでした。
少しずつ大きい音が出るようにがんばれそうです。
Mサイズがほしかったんですが、売り切れだったのでSにしました。
普段はアルトなので十分ですが、Sだとテナーはちょっと難しいですね…。

ストラップ、月末の日帰り上京時に試しに行くつもりです。楽しみですね〜。

発表会、遠方になったのと仕事のドタバタにお盆休み明けと、諸々重なって不参加は残念です。(>_<)

こんばんは!ブレステイキング・サクソフォーンストラップを考案したyumi-yumiと申しますm(__)m
サンダーさんがブログにブレステイキングの事を書いてくださると、こちらのHPのアクセス数がものすごい勢いでアップするようです!
ブログに取り上げてくださってありがとうございますm(__)m
サンダーさんのブログに書き込みをする事が、ストラップの宣伝になってしまっては失礼かと思い、ずっと”見てるだけ”にしておりましたが、我慢できずに書き込んでいます(*^_^*)
サンダーさんとは色々な場面でお会いしているようで、ご縁を感じております。
毎年の夏の発表会は、本当にすばらしい発表会ですね!
たしか2年前のリリアホールでの演奏も、ホールの片隅で聞かせていただきました。
皆さんの演奏にとても感動しました。
その時の打ち上げの席で、自分の使っているストラップの話をさせていただいたら、皆さんとても興味を持って聞いてくださっていました。あれからもう2年も経つんですね・・・。最初はサックス友達の要望に答えて、チクチク手縫いをしておりました。その当時はストラップを着けていたら「空飛ぶの」?と必ず聞かれるほどのパラシュートスタイルでした。それでもみんなステージで使ってくれていましたから、今考えるとちょっと笑えます。その後、形もスマートになり商品化となって感無量の毎日です。このストラップが少しでもサックスを吹かれている皆様のお役に立てたら、ものすごくうれしいです(*^_^*) 書きたいことはまだまだ山のようにありますが、続きはまた発表会の打ち上げに参加させていただける時がありましたら・・・(*^_^*) 長々失礼いたしましたm(__)m

>ズマさま
ついに買いましたか。よかったですね。
楽に持てるということは、その分の力が演奏のほうに回せるということですから、これから音も良くなっていくんじゃないかと思います。

>京青さま
発表会残念です。
ブレステイキング、東京ではドルチェさんしか扱ってないみたいで…月末まで売り切れてないといいんですが。

>yumi-yumiさま
ようこそいらっしゃいました!
私は基本的に、サックスマニアとは言ってもマテリアル類にはあんまり興味はないのですが、このストラップは「音楽のために」すばらしい発明品だと思ったので、話題にさせていただいてます。
実際、反響も大きいようで、私のブログ内でも当該記事はアクセス数がダントツの1位です(^^)
一昨年の発表会聴かれたのですね…不思議なご縁ですね。またどこかでお会いできますように。

未だに、付属のストラップで我慢しながら?吹いてます(>_<)!
それよりも、アルトの新しい楽器が欲しいのですが、1年前に、全部タンポを交換しているし、なかなか踏ん切りも付かずの状況です!
そのうち、是非とも、ブレステイキングを試してみたいと思います(^o^)/。
ところで、今年のサクソフォーン発表会、都合がつけば、聴きに行きたいと思ってます(^o^)/。
去年、京青さんからお誘いを受けて、初めて聴きに行きまして、皆さん、すごく上手くて、感激しましたよ(*^_^*)♪。
須川さんの無伴奏のバッハも聴けて、贅沢な演奏会でした(^_^)v。
お客さんがちょっと少ないのが、勿体なかったですね(;_;)。
楽しみにしてますので、頑張ってくださいネ(*^_^*)♪。

thunder氏。貴方の友人のJです。小村由美子氏が書き込む直前に私からのブレステイキングに関する暑いメッセージがコメントに載りそびれたようです。(どういうわけか、先日書いたコメントが掲載されませんでした。(苦笑))
小村氏は私の20数年来の友人と言うのはごぞんじだったでしょうか!?今回、彼女がこんな素晴らしいストラップを製作するなんて思ってもいませんでした。

 私自身ストラップを使ってみて首の負担が驚くほど軽減されたことや、音の伸びが明らかに変わったのを強く感じました。従来数多く製品として目にしてきたハーネス型のストラップとはまったく別物で、サックス奏者の体のことを知り尽くした彼女ならではの一品だと思います。

 昨日、一昨日と、常識では考えられないような、過酷な録音の仕事をこなしてきましたが、ストラップのおかげでずいぶん楽に演奏ができました。単に、体に負担がかからないということのみならず、効率の良い音を生み出すわけですから、演奏表現の幅も広がります。

 是非このページの読者のサックス吹きの皆さんにもお勧めしたいです。

>にゃんこ様
発表会よろしくご来場くださいませm(_ _)m
ちゃんとしたホールでタダで須川さんの演奏が聴けるのは、日本国広しといえどもこの発表会だけです(なんてことを以前にも書いた気がする)

とりあえずホールだけ押さえておいて、あとは出場可能な人がテキトーに準備して本番を迎える、というスタイルのため、なかなか宣伝が行き届かなずお客さんは少ないのですが、そこがまた一種の味わいでもあり(かもしれない…)

>Jさま
コメントありがとうございます。
もしかして実際の頭文字はJではない御方でしょうか(笑)

コメント機能が不調のようで、大変失礼いたしました。
ココログのコメント機能はある種のPC端末と相性が悪いようで、アップロード出来なかったり、逆に同じコメントが2つも3つも上がってしまったり、ということがたまにあるようです。

 そんなに数量少ないのでしょうか?!
倉田さんには、電話で是非宜しくねーと
言われております。(^^;

 小村さん、一昨年の発表会でお目にかかり
ましたね。私は、約15年前の秋に○マハ広島店で
須川先生のレッスンの件でお世話になって
以来の再会でした。

Jさんとは高校生の時からの腐れ縁で、ここだけの話ですけど「さとちゃん」と呼ぶと「人前でさとちゃんゆ~な」!と怒られます(^_^;)けど人前で「さとちゃん」と呼んでいます(^^)v 京青さん!どなたかわかりました!またいつかお会いしたいです!! Thunder さん、横レスで失礼しましたm(__)m

ワタクシも先日試してきました。
SサイズとLサイズしかなくSでもどうにか行けそうだったのですが、念のためMにすることにしました。入荷待ちです。
ワタクシの場合、バリトンでも体が短いのでいつも学童用とか今使っているハーネスはMでもでかいのです…。まあアルトやテナーを吹く事は殆どないのでMでいいかなっと。

Mサイズ売り切れてるんですね…

先日の王子ホールでドルチェのK氏とT嬢にお会いしまして、「宣伝ありがとうございます」とお礼言われてしまいました(^^;
別にそういうつもりでもないのですが…

オーティス・マーフィー氏のクリニック&ミニコンサートに行きました。氏もストラップ使っておりました。「大変気に入ってる」とのこと、客席のK井先生や、T尾先生も興味を持たれている様子でした。

オーティス、使ってましたね。
当日に試してみて気に入って、即買って、すぐに本番でも使ったということのようで。

受講生の坂口さんもマスタークラスの最初のうち使っていて、長さが合っていなかったとのことで途中から普通のストラップに戻されていましたが、戻す前のほうが明らかに良い音が出ていたように思ったのは、私だけでしょうか?

発表会のときにお借りして吹かせてもらおうと思ってたのに忘れてしまいました!残念 (つд`)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74078/15699948

この記事へのトラックバック一覧です: 新ストラップ覚書:

« デファイエ関連サイト | トップページ | クラウス・ウールセン »