2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト
無料ブログはココログ

« プラネルのレッスン | トップページ | 長野新幹線にて »

2007.07.31

ミューザ・新日本フィル

Festa Muza2007フェスタ・サマーミューザKAWASAKI 2007
新日本フィルハーモニー交響楽団

エルガー/チェロ協奏曲(Vc:ソル・ガベッタ)
ベートーヴェン/交響曲第4番
 指揮:クリスティアン・アルミンク

首都圏9オケ総出演、なかなか面白そうなお祭りなのに、この時期は忙しくてなかなか行けないフェスタ・サマーミューザ。
今年もちょっとだけ雰囲気を味わいに。
8時開演、休憩なしで9時15分には終わり(そのぶんチケットも安め)というのは、悪くない。みんなこれでいいのに、とすら思う。

チェロのねーちゃん(1981年アルゼンチン生まれ)、なかなか上手。こんなに音程の良いチェロは久しぶりに聴いた。
アンコールにヴァスクス「チェロのための本」より、とやら。ひゅるひゅる…という効果音に始まり、途中御詠歌のような歌も入る、不思議に幽玄な趣の無伴奏現代曲。これ、いつだったか誰かもアンコールで弾いてたな。
メインはベートーヴェンの4番。序奏はまるでフランス音楽のように繊細に始まったと思ったら、テンポが上がるといきなりドッカンな音が出てきた。ティンパニ等は少しピリオドぽい響きもしている。いかにも今風の演奏、ということで。
この曲を生で聴くのはものすごく珍しいことのような気がする。昨年大晦日の振るマラソンでは勿論聴いたけれど、それ以外と言ったらはたして…?
改めて聴いてみると、溌剌として機知に富んでいて、ベートーヴェン的な妙な重苦しさのない、実に良い曲だと思う。
どうしてこんなに稀にしか演奏されないのだろうか。

« プラネルのレッスン | トップページ | 長野新幹線にて »

コンサート(2007年)」カテゴリの記事

コメント

おお! いらっしゃいましたか、やはり。(あれ? これに行くって聞いてたっけな?)

アルミンクのベートーヴェンの語り口が気に入りました。そして、ファゴットのスレンダーなお嬢様がウマかったです。

新日本フィルは主にすみだトリフォニーで聴いてきていますが、豊嶋さんのコンマスで聴いたのは実は初めてかもしれません、わたくし。(とまあ、散発的に...)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74078/15954930

この記事へのトラックバック一覧です: ミューザ・新日本フィル:

« プラネルのレッスン | トップページ | 長野新幹線にて »