2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト
無料ブログはココログ

« 【小ネタ】脳内祭り | トップページ | 生涯随一の本番 »

2007.06.28

【告知】コンサートいくつか(再掲)

フランスの若手サクソフォン奏者、ジェローム・ララン氏がこの夏来日される話は以前にも少し触れたが、そうこうしているうちにご本人から案内と宣伝の依頼を受けました。
という訳で、再掲。

●原博巳&ジェローム・ララン&大石将紀 JOINT RECITAL(2007年7月14日、ノナカ・アンナホール)

これの告知はここでは初めてかと。詳細はこちらをご覧ください。
なかなか興味深い(というか、結果が予測がつかない)組み合わせの3人による、ジョイントコンサート。
…実はこの日は私、練習が被っていて、行けるかどうかは微妙なんだけど。

ちなみに大石さんは、来年3月の、オペラシティのリサイタルシリーズB→C:バッハからコンテンポラリーへの第100回めに登場されるようだ。
この「B→C」、どなたがプロデュースなさっているのかは知らないけれど、出演者の選び方に非常に独自の見識が感じられて、以前から注目してきた。
サクソフォン界からはたしか、彦坂さんに続く2人めだと思う。(追記:平野さんも出たことがあって3人めでした)

ヌオヴォ・ヴィルトゥオーゾ vol.3 声とサクソフォーン、ピアノ 「息の横断」(2007年7月20日、大田区民ホールアプリコ・小ホール)

「サクソフォーン旋風」と題した、同じシリーズの前回リサイタルの観戦記は、こちら
今回もまた、いったい何が飛び出すか、期待が高まる。

当公演のフライヤー(チラシ)のデータもいただきました。→こちら(PDF)。
…これ、そっくりそのまま印刷屋さんに回せます(トンボ付き)。

« 【小ネタ】脳内祭り | トップページ | 生涯随一の本番 »

サクソフォン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74078/15579888

この記事へのトラックバック一覧です: 【告知】コンサートいくつか(再掲):

« 【小ネタ】脳内祭り | トップページ | 生涯随一の本番 »