2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト
無料ブログはココログ

« 松田理奈ヴァイオリンリサイタル | トップページ | 東京の夏、日本の夏 »

2007.04.09

新年度のミッション

今年度から、高校時代の先輩(ちょうど30年前の高校入学当時、畏敬すべき最上級生だった方)が顧問をされている某都立高の吹奏楽部に、外部指導者としてお邪魔することになった(3月12日のエントリで何気なく触れたのはそのこと)。

ちょっとここでは書けないような、前年度までのコーチ陣が全員退任、という複雑な事情の中でのことだったんだけど、生徒たちには何の関係も責任もないことなので、とりあえずはここでなんとしても「本物」の音楽家の方に一度触れてもらってインパクトを与えて、そこから一気に新風を吹き込めれば良いと思っていた。
幸い、先日、趣旨に賛同していただいてフルートの渡辺先生をお呼びすることができて、それがどうやら私の予想をも上回る大きな反響を生徒たちの間に呼んでいるらしい。
部活新生、の大きな手応えを感じているところ。
基本的に受験校なので、3年生は部活に参加せず引退、というしきたりらしいんだけれど、渡辺先生をお呼びした翌日に「私、引退したくなくなりました」と言ってきた新3年生の生徒がいたそうだ。この先何かが大きく(良い方向に)変わっていく予感を、その子なりに感じ取ってくれたんだと思う。

私はエラソーなことを言っても所詮は素人なので、基本的には自分が主導権を持って何かするというのではなく、そうやって優秀な外部の力も借りつつ、それでも長年自分なりにサクソフォンと音楽に携わってきた知識と経験が少しでも役に立てばよいと思っている。

070408

明日入学式とのことで、今日は会場(体育館)にて入退場行進と歓迎演奏の練習。
吹奏楽の生徒たちが「校歌紹介」もするとのことで、皆で歌うのを聞かせてもらった。これがまたえらく垢抜けたモダンな校歌だなあ、と思ったら、「作曲:一柳慧 作詩:大岡信」!だと。昏倒。


終了後は、もはや定例と化しつつある、中目黒にて痛飲。
若き生徒たちのこの先の素晴らしいであろう音楽体験に、乾杯。
ビールをジョッキ半分くらいですっかり眠くなってしまい(普段は基本的に呑まない)、家に帰ってバタンキュー(死語)、先程やっと起き出してきてブログを更新しているところ。

« 松田理奈ヴァイオリンリサイタル | トップページ | 東京の夏、日本の夏 »

練習、リハーサル」カテゴリの記事

コメント

昨日はどうも。各方面で活躍している多忙なThunder氏ゆえ、時間の合間を縫ってお願いするのは心苦しいのですが、よろしくお願いします。いわゆる「高校生」について、世間では色々言われていますが、基本的に我々が高校生であった頃と変わりません。同じように悩み、喜んでいます。大人が真剣に関われば、直向きな態度で反応し行動してくれます。彼ら(彼女ら)がどのような方向に進んでいくかは、近くにいる大人次第だと思います。色々大変だと思うけど、自分自身も楽しみながら進んでいきますので、Thunder氏今後ともよろしく。

学校指導は行って教えればそれでいい、そう思ってるプロの方は多いでしょうね。音楽を教える前にクラブとしての機能を果たせてるのかどうかとか、音楽を通じて根気よく一つのことをやり通すとかを体験させて音楽を、吹奏楽を好きになってもらい、一人前の人間を育てていくというのが吹奏楽部のあり方かなーなんて思ったりします。僕はリード博士の作品を通して人間としてどうあるべきなのかを当時のクラブの先生から教えて頂きました。
お忙しいとは思いますが、クラブ指導はものすごいエネルギーを使いますよ!頑張ってください!

お疲れ様どえした。

残念ながらその高校のOBではないので直接は携われないのですが(楽器ももう演ってないし)、東京都民としても何らかのお手伝いができれば幸いです。

>「作曲:一柳慧 作詩:大岡信」!

確かにそれは「!」ですねぇ。チャンスオペレーション+折々の詩。校歌を伴奏する際に、予めピアノの弦に消しゴムとか釘を挟んでおかなきゃいけなかったりして。なあんちゃって。ちなみに、取るのを忘れて挟んだまま君が代を伴奏してしまった場合も、懲戒処分されてしまうのかなぁ。

>ken師
近くにいる大人次第…。全くそうですね。私自身も、そうでしたから。
30年も前に先生やOBの先輩に言われたことを、なぜこんなに覚えているんだろう、と不思議な気分になる時があります。
新入生のつもりで頑張りますので、こちらこそよろしくお願いします。

>プーさん様
こういうコメントをいただくと、本当に勇気づけられます。
自分の夢や情熱や意思を、そろそろ本気で次の世代に伝えなければいけない時期だということなのかもしれません。
「プロではない」ということは、逆に自分の強みだと思ってます。応援ありがとうございます。

>よねやま様
まいどです。
いや、いかにも校歌、っていうありきたりな雰囲気の全くない、爽やかに「普通の」歌でしたね。

うーむ。プリペアド君が代。
「楽器がボロだからこんな音しか出ません!」とかなんとか○原に直訴すれば、予算が付いたりして(:-P

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74078/14616881

この記事へのトラックバック一覧です: 新年度のミッション:

« 松田理奈ヴァイオリンリサイタル | トップページ | 東京の夏、日本の夏 »