2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト
無料ブログはココログ

« レッスン&送別会 | トップページ | しばしお別れ、サントリーホール »

2007.03.19

クヮトロポルテ

1日休日出勤。
誰もいない職場で、ひとりで仕事。はかどる。いつもこうならいいのに(無理)

昼は一時脱け出して(というか、元々ひとりなのだから「放置して」と言うべき)、大久保での知り合いの演奏会に顔を出してみる。

サクソフォン・クヮトロポルテ(ISHIMORIホール)
 E.ボザ/アンダンテとスケルツォ
 P.ランティエ/アンダンテとスケルツェット
 F. et M.ジャンジャン/サクソフォン四重奏曲
 P.M.デュボワ/サクソフォン四重奏曲
 J.アプシル/ルーマニア民謡の主題による組曲

先月のアイル演奏会でご一緒した方々。勿論アマチュア。すごいプログラムでしょ。ありし日の東京サクソフォンアンサンブルみたいな曲目。ここ何回かの本番で蓄積したレパートリーを一気に披露したということのようで、ある意味「リサイタル」というものの本来あるべき姿ではある。
アンコール無し、休憩が1回(ジャンジャンの後)入った他は曲間の出入りも無し。気取りも迷いもなく、自分たちがいま為すべきことだけをしました、という趣。サムライですね。

サクソフォンアンサンブルにありがちな豊満で分厚い響きとは一線を画す、軽く密度の低い音色が新鮮だった。ただでさえ響きが塊になりがちな天井の低い地下室の会場だっただけに、なおさら。たとえば雲カルみたいな「風のようにひゅーっと鳴る響き」というのは、これの延長線上にあるのだろうと思う。…ただ、曲目が進むにつれて、ありがちなサックスアンサンブルぽい音に近づいて行ったのが、惜しいと思った。遅れて着いて最初に聴いたランティエ、次のジャンジャンなんか、本当に今まで聴いたことのないような清新な演奏だっただけに。

ともあれ、邪念を持たずに、自分たちがこの路線で行きたいと思っているのであればその通りにまっしぐらに進んでほしい、と思わせる、いまの時代に珍しいような率直な個性を持ったアンサンブルだった。
来週のコンクール本選でもご一緒できるのが、楽しみ。

« レッスン&送別会 | トップページ | しばしお別れ、サントリーホール »

コンサート(2007年)」カテゴリの記事

コメント

先日は演奏会に来ていただきありがとうございました。こちらに情報も載せていただき、お陰さまで良い演奏会になりました。
これからもどうぞよろしくお願いいたします。

これは、コメントありがとうございました。
本当に、お疲れさまでした。
私のほうは書きたいことを書いておりますけれど、ああいう演奏会を実際にヤルということがどれほど大変か、ということも、身にしみて知っています。

次は25日ですね。
少しでもより良いものを目指して、お互い頑張りましょう。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74078/14310384

この記事へのトラックバック一覧です: クヮトロポルテ:

« レッスン&送別会 | トップページ | しばしお別れ、サントリーホール »