2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト
無料ブログはココログ

« リハ進行中 | トップページ | 午後8時のリサイタル »

2007.02.11

アイル本番終了

Tirasi070211サクソフォン・ラージアンサンブル・アイル第12回演奏会本番。

第2部の「アイーダ」セレクションで、客席左右に5人ずつ計10人のソプラノ・サクソフォンによるバンダ隊の一員として、出演させていただきました。サックスで譜面灯付きのバンダを吹くというのがそもそも大変珍しい上に、吹き方は徹底的に金管的なまっすぐな音を要求され、しかも楽器を水平に構えるとか演奏中も微動だにせず吹くとか、かなり勝手の違う本番で、ちょっと失敗もしたけれど、お客さんの受けはたいへん良かった様子。

それにしても、首謀者宮崎さんの、自分にとって面白いことを本気で探して思いついて実現してしまうプロデュース能力と行動力は、すごいと思う。そういう発想と行動様式が浸透しているからこそ、これだけの面白いメンバーが集まるんだし、今日のお客さんの大入り満員にも繫がっているんだろうと思う(呼んだ覚えのない知り合い達も、噂を聞きつけたか他の出演者絡みとかで何人も来場されており、「Thunderさん何やってるんですかー」とか言われました(^^;)。
何かを本気になってやっている人間には、おのずと人はついて行くんですね。

アイルさんの演奏というのは、決して技術的にエクセレントに仕上がっている訳ではないけれど、音楽的な辻褄がとても良く合っている。そして、各人の個性を殺していない。結果、聞こえてくる「音楽」を率直に楽しむことができる。
自分自身の活動の上でも、様々な意味でとても参考になるというものだ。

あと、マルチェルロ。各川さんのソプラニーノ、似合いすぎ。
このじゃじゃ馬楽器を(ソプラニーノという楽器の難しさは、私も骨身にしみて知っております)、ちゃんとコントロールして吹ける人というのは他にもいるけれど、各川さんのようにここまで身体の一部のように素直に吹く奏者というのは、見たことがない。軽くファンになりました(^^)。

それにしても、普通の演奏会でソプラノサクソフォンが十数本揃うというのは本当に珍しい事態。色も赤・白・黄色・ピンクと様々。アルト以下も含めれば、黒い楽器(キャノンボール)やオールド楽器まで。
記念撮影がそのうち公式サイトにupされることを期待しましょう。
神様「あなたが池に落としたサックスは、金のサックスですか、銀のサックスですか、それともこのボロボロのサックスですか?」
サクソフォン奏者「あーっ、その、マーク6っ!」

出番はちょっとしか無かったけれど、たくさんの贈り物も頂いてしまいました。
ありがとうございます。

曲目:
山の音楽家(ドイツ民謡/宮崎真一編)
いるか(P.ヴェロンヌ)
序奏とスケルツォ(R.クレリス)
フォー・ブラザーズ(J.ジェフリー/市原宏祐編)
オーボエ協奏曲(A.マルチェッロ、Spni.Sax:各川芽)
 以下 指揮:宮崎真一
トッカータとフーガ(J.S.バッハ)
歌劇「アイーダ」より(G.ヴェルディ)
デューク・エリントンに捧ぐ
A列車で行こう(B.ストレイホーン)


笑い止まぬ打ち上げから、先程帰宅。
日本サクソフォン協会主催アンサンブル・コンクール、予選通過・本選出場決定、の吉報が入っておりました。(^o^)
これで3年連続の本選出場。期日は3月25日(日)。
ひとつの本番を終えて、明日から再び「次」へ向けて出発だ。

« リハ進行中 | トップページ | 午後8時のリサイタル »

いざ、本番」カテゴリの記事

コメント

今日は演奏会、どうもありがとうございました。今回はバンダの方々あっての演奏会、企画をするのもすごいですが、それに答えてくださる方が、これだけいらっしゃることに感動しました。アイルにつきましても、うれしいコメント。そのいい点をなくさずにレベルアップしていけるよう精進いたします。

それでは次の本番のアンサンブル・コンクール、がんばってください。

>色も赤・白・黄色・ピンクと様々。アルト以下も含めれば、黒い楽器(キャノンボール)やオールド楽器まで。

ホントに・・・。サックスってほんとは(最初は?!)どんな色してたんでしたっけ???ってな感じですね(笑)。
御一緒させていただき、ありがとうございました。お疲れさまでした。

3月も楽しみにしています、です。

昨日はお疲れ様でした、きっと打ち上げは楽しかったんでしょうね~。
ソプラノだらけの記念写真、楽しみですね。3月はねぇ。さんのおっかけで聞きにいきます、楽しみにしております!!

こんにちは。コンクールですが、私たちの四重奏団も、なんとかグラズノフで一次審査(一般の部)通りました。Thunderさんと演奏でご一緒?するのは、2年前の東関東大会以来かと思います…。

今回はThunderさんはなめら~かでのエントリーでしょうか。まだ拝聴したことないので、聴くのがとても楽しみです。お互い健闘したいものですね。

コメントありがとうございます>みなさま

気持ちのよい本番と楽しい宴会を終えて家に帰ったら、吉報が待っていました。
いい1日でした。

いっちほさん、ようこそいらっしゃいました!
舞台袖ホワイトボードの即興イラストは楽しかったですね(^^)
また次の機会に!

2年前の東関東…なつかしいですね。
20年前のことはつい昨日のことのように思い出せるのに、1年や2年前のことがはるか昔のような気がするのは、歳をとった証拠でしょうか。
あの頃はまだkuriさんの顔は知らなかったような気がします(メールのやりとりだけはしていたか?)。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74078/13875584

この記事へのトラックバック一覧です: アイル本番終了:

« リハ進行中 | トップページ | 午後8時のリサイタル »