2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト
無料ブログはココログ

« 編曲ということ | トップページ | アフィニス・サウンドレポートNo.33、など »

2007.02.26

練習場で演奏会

アンサンブル練習日。
とりあえず書き上がった「真夏の夜の夢」のノットゥルノを、音出し。
昨夜1時にはスコアが完成していたのだが、Sibelius2の挙動不審によりなかなかパート譜が出来上がらず、実際の完成は朝5時半。うぅ眠い。
冒頭のファゴット2本+ホルン独奏のアンサンブルを、せっかくテナー三重奏に書いたのに、今日は3人揃わなかったので実際の出来はまだ判らないが、今日鳴らした限りではそれほどヘンな音はしていないので、安心した。
まあ、そもそもが名曲なので、元々のスコアが良く書けているのだから、そのまま写せば自然に良い響きが出るというものだ。

夏に大きな本番がひとつ入った。
私たちにとって、もしかしたら楽団結成以来最大の晴れ舞台となるかも。
詳細はまだ明らかにできないけれど、楽しみだ。


練習室のあるみなとみらいホールの同じ建物内の小ホールで、サクソフォンアンサンブルSaxofono Rossoが演奏会をやっていたので、練習を早めに切り上げて(皆で楽器持ってぞろぞろと)客席にお邪魔する。

G.ピエルネ/民謡風ロンドの主題による序奏と変奏
高橋伸哉/パッション:サクソフォーン三重奏
B.ウィーラン/リバーダンスより
C.ドビュッシー/ラプソディ
F.プーランク/三重奏曲
E.エルガー/序奏とアレグロ(八重奏)
チャイコフスキー/バレエ組曲「くるみ割人形」(ラージアンサンブル、客演指揮:西尾貴浩)
同 /スラブ行進曲(同)

遠藤朱実さんの門下のアンサンブルチーム。
ウチのアンサンブルの卒業生が在籍していたり、逆にこちらの元団員がウチの現団員だったり、それ以外でもなにげに各方面での知り合いが乗っていたり、まあ、狭い世界ではある。
第1回の演奏会には、私のソプラニーノが出演したこともあります(^_^)
プーランクから聴けた。いい曲だ。エルガーも然り(もうちょっと易しければもっと演奏されるだろうと思うんだけれど)。それにしてもこのホール、8人くらいまでの編成だと本当に美しい響きがする。
30人近い人数が乗った最後のステージでは、いろいろな意味で限界も感じたが。
西尾さんの指揮ぶりは、相変わらず絶妙な濃さで、良かった。

お互い頑張りましょう。

« 編曲ということ | トップページ | アフィニス・サウンドレポートNo.33、など »

コンサート(2007年)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74078/14051726

この記事へのトラックバック一覧です: 練習場で演奏会:

« 編曲ということ | トップページ | アフィニス・サウンドレポートNo.33、など »