2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト
無料ブログはココログ

« ダブルヘッダー | トップページ | コンチェルト5曲 »

2007.02.05

京都で「アルルの女」原典版が!

ドルチェ楽器から届いた宣伝誌をなにげなく眺めていたら、2/14の京都フィルハーモニー室内合奏団演奏会のプログラムに、ビゼー/「アルルの女」原典版(劇音楽版)の文字が。
クラシックニュースにもとり上げられていた(こちら)。

うわー、聴きてえ!
だけどこの週、ただでさえ祝日で勤務日が1日少ないから、これ以上休むのは厳しそうだしなあ。

「アルルの女」劇音楽版については、こちらの過去エントリ(プラッソン=トゥールーズ管のCDのレビュー)も参考までにご覧くださいませ。

« ダブルヘッダー | トップページ | コンチェルト5曲 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

あぁぁそれ!
サックスで乗るはずだったのですが、別の仕事と日程がかぶってしまい、涙をのんでお断りしたコンサートです。。。。。
結局どなたが演奏されるのでしょうね。。。

そうだったんですか!それは残念な…
滅多に無さそうな機会ですよね。

「アルル」は、同じ「劇音楽版」でも、例えば「ペール・ギュント」の劇音楽版などとは違って、ぜんぜんドラマティックでないので、コンサートのプログラムとしてどうまとめるんだろうか、という興味もあり。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74078/13804687

この記事へのトラックバック一覧です: 京都で「アルルの女」原典版が!:

« ダブルヘッダー | トップページ | コンチェルト5曲 »