2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト
無料ブログはココログ

« ミヨー、オネゲル、松村禎三 | トップページ | 底冷えの合奏(追記あり) »

2007.01.20

都民芸術フェスティバル

休日。恒例、青梅へ父の見舞い。
帰りは県境の山を越えて、飯能経由で池袋に出る。
東武デパートで、恒例の北海道物産展をやっているので、10Fに上がり、ものすごい人渦の中、一巡。
マルセイバターサンドを無事入手。(^^)

Rokkatei

さて、本日の本題、東京芸術劇場へ。

都民芸術フェスティバル オーケストラ・シリーズ/日本フィルハーモニー交響楽団

オッフェンバック/「天国と地獄」序曲
メンデルスゾーン/ヴァイオリン協奏曲ホ短調(Vn:神尾真由子)
ドヴォルザーク/交響曲第8番
 指揮:北原幸男

毎年恒例、東京の8つのプロオーケストラが日替わりで登場する、都民芸術フェスティバルのオーケストラシリーズ。
名曲プロで、チケットも比較的安い(最高で\3800。今日は3階の最前列だったが\2800)ので、親子連れ等で賑わっている。今日もほぼ満席。
毎年、この中からいくつか選んで聴き比べる(数年前には、セット券を買って全部聴いたこともある。さすがに最近は忙しくてそこまではできないが)というのは、江戸っ子の粋のようなもんだ。

久々に聴く日本フィル
明るい音色と、前向きな演奏が好ましい。前向き過ぎて時々荒っぽくなっちゃうのも、このオーケストラならでは(^^;。そういうところが面白いんだけどね。
弦の響きがなんか薄くてtuttiになると金管に負けてるとか(その金管の音色にしても、いささか私の好みとは違うが)、言えばいろいろあるけれど、ま、いいじゃないですか。
真由子ちゃんも今年で20歳か。早いものだ。

アンコールに、ドヴォルザークのスラブ舞曲第10番(op.72-2)。

« ミヨー、オネゲル、松村禎三 | トップページ | 底冷えの合奏(追記あり) »

コンサート(2007年)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74078/13594169

この記事へのトラックバック一覧です: 都民芸術フェスティバル:

« ミヨー、オネゲル、松村禎三 | トップページ | 底冷えの合奏(追記あり) »