2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォト
無料ブログはココログ

« 謹賀新年 | トップページ | 木下コレクションを聴く »

2007.01.03

さよなら銀座ヤマハ

ヤマハ銀座店が、建物老朽化に伴う改築のため明後日(5日)限りでいったん閉店となる。

Ginza-Yamaha 070103

「銀座ヤマハ」といえば、東京または近辺で音楽活動を続けてきた人間だったら、行ったことのない人はおそらくいない。「楽器屋さん」あるいは「楽譜屋さん」の代名詞のような店だ。
ここを初めて訪れてから、もう30年が経つ。たしか、中学のブラスバンド仲間が新しいリコーダーを買いに行くというので、付き添いというか、連れション状態で数人で押しかけたのだった。静かで高級感あふれる店内の雰囲気におよそ不似合いな騒々しい中坊集団でも、ちゃんとお客さんとして扱ってくれた。
帰りがけに「YAMAHA」の大きなステッカーを貰ったので、当時使っていた英語の辞書(三省堂のクラウン)の裏表紙に貼った。でかでかと「YAMAHA」という文字が貼られたその辞書を、そのまま中学、高校を卒業し、大学生になるまで使ったものだ。

閉店記念イベントの一環として、1F店頭イベントスペースにて雲井さんのミニコンサート(&サイン会)があったので、行ってきた。

Ginza-Yamaha 070103
中2階より

シンプル・ソング(バーンスタイン)、コラールプレリュード第1番(バッハ=コダーイ)、イタリア協奏曲より2楽章(バッハ)、「ディア・ハンター」よりカヴァティーナ、ロメオとジュリエット、ニュー・シネマ・パラダイス。
こういう場にしてはまたえらく地味な選曲なところがいかにも雲井さんだけど、いったん耳を傾け始めると、場に媚びない凛とした雲井さんの音がある。
ニュー・シネマ・パラダイスの真ん中へんで、演奏以外の物音が一切無くなってしまったかのような、不思議な静寂の一瞬があったのが、なんだかとても印象に残った。中央通りに面した、CD売り場兼の、暗騒音喧しいフロアの筈だったのだが。

終演後、サイン会の列に並んだら、「上に居たでしょ」と言われた。(^^;

終了後は、これが最後だろう、各フロアを見て回る。
階段や踊り場では、ビルの歴史を回顧するパネル展示がされていた。

Ginza-Yamaha 070103

度重なる大規模改修により、そんな築55年を超えた古い建物には一見、見えないけれど、階段などの造りには、竣工当時の面影がなんとなく残っているような。

地下の楽譜売場で、阪口先生の「黄色い教本」を購入。1785円。

Sakaguchi_sax_method

勿論、初めて買う訳ではない。ずーっと昔に最初に買ったものは(800円くらいの頃)、高校を卒業するときに学校の楽譜棚に置いてきてしまったし、その後もう一度買っているが失くしてしまった。
その後は、いまさら「黄色い教本」でもあるまい、と思って持っていなかったのだが、先日阪口先生の録音についてのエントリを上げた機会に久々に見返してみて、やはりこれは手許に置いておく価値はある、と思い直したのだ。

阪口先生はある意味、天才肌のプレイヤーだったので、この教本はサクソフォンの奏法を論理的に解説するような類のメソードではないけれども、阪口先生自身が書かれたそれぞれの練習曲、収録の二重奏や四重奏の小品の数々は、今の目で見ると昔とは大いに違った価値を見出すことができるように思う。
昔は、最後のページはラヴェルの「眠りの森の美女のパヴァーヌ」の四重奏編曲だった記憶があるけれど、今の版はドビュッシーの「小さな羊飼い」に差し替っているのね。

最初に出版されてからもう何十年も経っている筈だけど(少なくとも私が最初に買ってからも30年近く経っている)、それほど古さを感じさせないデザインなところもすごい。

« 謹賀新年 | トップページ | 木下コレクションを聴く »

サクソフォン」カテゴリの記事

音楽随想」カテゴリの記事

コメント

あけましておめでとうございます。

あ、2Fだったんですね。どーりで下で探しても見かけないはず。しかも、写真に私の頭が写ってるし。(^^;
久々に間近で雲井先生の音が聴けて良かったです。

写真も途中まで見ましたが、中々面白かったですね。TVなんか売ってたり、バイクが飾ってあった時代もあったとは。

あけまして、Thunderさん。
そして、さようなら、銀座ヤマハ。
ここの地下フロアーに於きまして、紀元前に、PJBEの譜面、すなわち(まともに出来もしないのに)「スザート舞曲集」「ヘンデル/アーチボルド編/シバの女王の入場」等や、PJBEのレパートリーの譜面、すなわち(更に絶望的なくせに)「ブリテン/聖エドモンズ墓地のためのファンファーレ」「グリーグ/葬送行進曲」などを購入しました。
あの地下へ通じる階段がいいんだよねぇ(Mr.Thunderの写真参照)。

今年もよろしくお願いします。

1Fでオーディオ機器を売っていた頃のことはなんとなく記憶がありますね。

私もここの地下ではこの30年間、いったいいくら買い物をしただろうか。
階段の写真は是非撮っておこうと思っていました。

私が昨日前を通った時には、ちょうど閉店の時間で
お年賀のタオルを頂いてしまいましたー
みんな写真を撮ったりしてましたね。

昨日たまたま行った「わしたショップ」の隣に仮店舗が出来ていたので、こっちの方が便利じゃんーと思ったり・・・(笑)

>ひらさわか様

もう、あの「銀座ヤマハ」は無いのか、と思うと、なんだかせつないような、不思議な気分です…

仮店舗は、ウチからだとちょっと遠いんですよね。
○サーチの練習帰り(有楽町線、いつかお会いしましたね)に寄るのは便利かも…

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74078/13322513

この記事へのトラックバック一覧です: さよなら銀座ヤマハ:

» おすすめ映画 『ニュー・シネマ・パラダイス』 [名作、感動、涙のおすすめ映画]
映画しか娯楽のなかった時代を背景に、映画の魅力を切に訴える、純粋に映画を愛する人のための映画。故郷を出て30年後、映画監督になったサルバトーレに、アルフレード(フィリップ・ノワレ)の死の知らせが届く。アルフレードは、彼に映画と人生を教えてくれた、一番大切な友だった...... [続きを読む]

« 謹賀新年 | トップページ | 木下コレクションを聴く »