2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト
無料ブログはココログ

« 予選通過後初練習 | トップページ | 田部京子さんのリサイタル »

2006.12.02

【連載】マルセル・ミュールの生徒たち 15

この連載の趣旨、見方については連載第1回のエントリをご参照ください。

1956-1957

BALET, Guy
DENIZART, Francis
DUBRULLE, Simon
FIGUIER, Romuald
JULES, Jacques
JULLION, Roger
LAMOUREUX, Jean
LARCHEVÊQUE, Jacques
LEPÈVE, Michel
OLLIVIER, Jean
REYMOND, Gilbert
SOUFFLET, René

試験曲:Prélude et saltarelle (Robert Planel)

最近のこの連載では、一等賞で卒業された方についてはネット上で軽く検索をかけてみているのですが、ポピュラーな名前の方についてはなかなか情報を得るのが難しいです。英語以外のサイトが引っかかることも多いし(お手上げ)。
Romuald Figuier(1941-)という方は、60年代から70年代にかけてポピュラーシンガーとして活躍したらしい、という記事を見つけました。ミュールの門下にはいろいろな人がいるんですね(@_@)
Michel Lepèveは、のちにフランス国家警察音楽隊で活躍された様子。Jacques Deslogesのカルテットのバリトン奏者として名前がありました。

« 予選通過後初練習 | トップページ | 田部京子さんのリサイタル »

マルセル・ミュール Marcel Mule」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74078/12899058

この記事へのトラックバック一覧です: 【連載】マルセル・ミュールの生徒たち 15:

« 予選通過後初練習 | トップページ | 田部京子さんのリサイタル »