2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト
無料ブログはココログ

« 新譜いろいろ | トップページ | CD2枚に、ワーグナーのオペラ全部 »

2006.11.14

札幌響・東京公演

Tirasi061114札幌交響楽団 東京公演2006(サントリーホール)

ノルドグレン/左手のための協奏曲op.129~小泉八雲の「怪談」による(Pf:舘野泉)
マーラー/交響曲第5番
 指揮:尾高忠明

初めて聴くオーケストラ。なじみの都響で18年間首席奏者を務めたトランペットの福田氏の移籍先、ということで、どんなオーケストラなんだろうと興味を持っていたところに、おあつらえ向きにも今年の東京公演はマーラー5番ですか。という訳で、聴いてきた。

とても良いオーケストラだと思った。とくに弦セクション、札幌、というイメージどおりの、ぞくっとするような温度の低い独自の音色を持っている。これだけ、パッと聴いてすぐそれと分かるような個性のある音色を備えたオーケストラなんて、東京にだっていったいいくつあるだろうか、と思う。
金管もよく鳴っていて、名手福田氏といえども決して浮いていない(札響は伝統的に金管が上手いらしい)。マーラーではトランペットと共に活躍するホルンのトップ氏も、大熱演。
尾高さんの指揮は、よい意味でとてもストレート。この曲の面白さを率直に聴かせてくれて、必要以上にドラマティックな演奏を好まない私としては、たいへん好印象でした。

1曲めには舘野泉さんが登場。脳溢血のため右半身不随となり、左手だけで演奏活動を続けているとのことだが、杖もなしに普通に歩いているし、終演後はコンマスと右手で握手したり歓声に応えて両手を高々と挙げたり、ぜんぜんそうとは見えない。すごい。相当なリハビリを積んだのだろうと思われる。
欲を言えば曲がもうちょっと良い曲だったら…(^^;

Tensaitou

終演後は、公演スポンサーのホクレン農業協同組合連合会より、十勝産の甜菜糖(200g)が来場者に配られた。
さすが、「ならでは」ですなあ。楽しい楽しい。

Cd123ロビーでは、札響の自主制作になる秋山和慶指揮のブラームス交響曲全集(分売)ほか定期演奏会ライブCDを販売していた。
特別価格1枚1000円(定価は2000円)ということだったので、ためしに「2番」を買ってみて、ちょうど今聴いているところ。1996年の収録だそうだが、先程まで聴いていた弦の音色そのまんまだ。昔からこういう素敵な個性を持っていたということらしい。
秋山さんの指揮・解釈は例によって模範的の極み。よい買い物だった。他の曲も買えばよかった。

« 新譜いろいろ | トップページ | CD2枚に、ワーグナーのオペラ全部 »

コンサート(2006年)」カテゴリの記事

コメント

いつも札響の演奏会のお知らせは北海道新聞で見てるんですが、東京であったとは!
一度聞いてみたいと思っていたのですが、いっつもkitaraは遠い・・・と思ってました。

甜菜糖はご飯を炊く時に一緒に入れると美味しいですよー

いやはや、スゴかった。オケのメンバーが全員フルスコアを読んだ上で演奏しているんじゃないかと思うような、ひとりひとりが自分の演ることをわきまえて、出るところは思い切って出る、引っ込むところはある程度控えて、でもやっぱり出るという演奏でした。音も厚い。ppでも音が厚い。うーん、大好きな都響もちょっと押され気味かも。今度はタケミツを聴いてみたいなあ。黒澤監督の「乱」では武満さんは札響を選びましたからね。
札幌へ行ってまで聴く価値も充分あると思えど、Kitaraには楽章の合間に「咳をしないで!」とか叫ぶ名物客のオヤジがいるらしく、そんなホールはちょっと願い下げっス。札響のまたの来京をお待ち申し上げております。
てんさい糖に関しましては、こっちが倒れそうなくらいの美人に渡され、ポカーンとしたままサントリーホールを去りました。

>ひらさわか様
なんで北海道新聞…?と一瞬考えましたが、すぐ納得。
こんど東京公演があったらお知らせしますね。
そうですか、ご飯に混ぜて炊くというのは初めて聞きました。今度やってみよう。

>よねやま様
全くです。ちょっと外国のオケを聴いたみたいなカルチャーショックがありました。
来シーズンの曲目など見てもなかなか魅力的で、こういうオーケストラが東京にあったら定期会員になりたいとマジで思いました。

Thunderさん、はじめまして。私もあのコンサートに多いに感銘を受けました。特にマーラーは、耳タコ状態の曲にも係わらず、新鮮な驚きに満ちてました。来年は、プログラムから推察するに、フランスものでしょうか?
失礼ながらTBさせていただきました。
また、どうぞよろしくお願いします。

今回生演奏が聴けなかったのは残念に思ってますが、札響は一度札幌で演奏会を聞いたことがあります。負け惜しみになりますが、札響のサウンドは、湿度の低い北海道で聴くと本領発揮すると思います。
シベリウス2番の自主制作盤を持ってますが、ブラームス盤も是非聴いてみたいものです。

>yokochanさま
コメントありがとうございました。
いままでも年に一度くらい東京公演のお知らせは見ていたのですが、もっと早くに聴いておけばよかったと思っています。
またよろしくお願いします。

>mckenさま
ああ、シベリウスは似合いそうですねえ。
ぜひ一度本拠地で聴いてみたいものです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74078/12691477

この記事へのトラックバック一覧です: 札幌響・東京公演:

» 尾高忠明指揮 札幌交響楽団 演奏会 [さまよえる歌人日記]
札幌交響楽団の東京公演を聴く。@サントリーホール。憧れのP席、3000円。札響 [続きを読む]

« 新譜いろいろ | トップページ | CD2枚に、ワーグナーのオペラ全部 »