2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト
無料ブログはココログ

« 久しぶりのN響、だが… | トップページ | アドルフ・サックス国際サクソフォン・コンクール 結果 »

2006.11.11

ドルチェ楽器初訪問

朝、前々から予約を入れていた、新宿二丁目の行きつけのお店(^^;にて、テナーの調整。
アンコン予選通っていて良かった。もし落ちていたら、年内にテナー吹く予定無くなっていたところだった。

終わってから、たまたま一緒になった同じアンサンブルの京青さんに案内してもらって、雨の中、新宿のこんどは西口方向へ移動、ドルチェ楽器東京店へ。以前からここには行ってみたかったのだ。
サックス担当の倉田さんという方がたいへん面白い人物で、年代的に近い(たぶん私と同年生まれ)こともあって、共通のネタも多く、結局何を買うという訳でもなく2時間近くお喋りで盛り上がってしまった。

こんなもの持ってるんですかあ、的な倉田さん個人の秘蔵音源&映像(サックスに限らず)を、たくさん見せていただく。

Deffayet1990

これは、1990年12月の、ダニエル・デファイエ来日リサイタル(上野の石橋メモリアルホール)の、ビデオ。
今の世にこんなものが残っているなんて、驚き以外の何物でもない(*_*)。
あのあまりにも懐かしい等速ヴィブラートに、しばし時を忘れて聴き入った。…

来週土曜日のこの場所でのコンサートが、集客に苦労しておられる様子なので、ここでも宣伝しておきましょう。
ガヴロッシュ サクソフォン・クァルテット(2006年11月18日)
ガヴロッシュは関西の団体なのでこちらではあまり知名度がないけれど、これは聴いておいて損はないと思う。ワタシだって練習日でなければ是非行きたいところだが。
ソプラノの篠原さんとは、2002年の淡路島のSaxフェスティバルのサクソフォン・オーケストラで、私はソプラノ2ndの最前列のプルトを、隣席で吹かせていただきました。ものすごく勉強になった体験だった。

« 久しぶりのN響、だが… | トップページ | アドルフ・サックス国際サクソフォン・コンクール 結果 »

サクソフォン」カテゴリの記事

コメント

楽しんでお話いただけたようで、良かったです。(^^ 倉田さんは、まだまだたくさん秘蔵映像・音源をお持ちのようですよ!

嗚呼、カヴロッシュ行きたい。。私は、4年前の淡路島フェスの時、田端さんの横で吹きましたね。

私も、よくドルチェを利用しています(きっかけはfさんの紹介です)。○クタスと違って、駅からのアクセスが楽なのは良いですし、確かに倉田さんとは二時間近くしゃべってしまいますね(^^;

倉田さんは本当にいろいろな秘蔵資料をお持ちですよね…私も、須川さんの高校時代のアンコン音源やら、岩本氏時代のアルモが吹いたラクール四重奏曲・ライブ音源やら、興味深く聴かせてもらいました。

ワタシも、月一位で寄っています。
エクステンションのきいたリードを
愛用してます(^^;。
この前行った時には、栃尾さんのリサイタルを
流していましたよ<画像

ガヴロッシュは行きたいのですが、
仕事があって、、、残念です。
陣内さんとは、2005年のサクソフォーンフェスティバルの
フェスティバル・オケで隣の席になり、
今年の淡路島では、後ろで吹いてました(^^;。

田端さんのデュオもアクタスで聴いたりしてました。

>京青さま
ありがとうございました。新宿にはなかなか行かないし、行っても時間がない場合が多かったもので、良かったです。
>kuriさま
ほぼ同じようなラインナップを聴かせていただいているようで…(笑)
ラクールは私も吹いたことがありますが、とてもあんなふうに吹けるもんじゃないです。
>さきさま
淡路島同行組が集結、という感じですね(笑)
あれは本当に貴重な体験でした。

そうですね<集結(^^;
そういえば、倉田さんも淡路島へ行っていたようで、
ヤナギサワのブースにいたそうですよ。

そうだったんですか。すげー。
楽器業界の方々の、地方の小さな催しにもくまなく現れるフットワークの軽さには、いつも感心します。
(去年の夏も熊本駅で、○マハミュージックトレードのI沢さんにばったり遭って、大笑い)

先日はお忙しいところありがとうございました。
m(_"_)m

ドルチェというと
「楽器を約氷点下70°Cの冷蔵庫内に入れ、24時間放置する。」
という特許出願(特開平7-160252)を思い出してしまいますw

まぁ、熊本で。すごいわ。
結構、色んな所にいらっしゃってるようですね。
<その筋の方々

>「楽器を約氷点下70°Cの冷蔵庫内に入れ、
>24時間放置する。」
>という特許出願(特開平7-160252)
ひゃー。
これが、エクステンションの特許なんでしょうか。
先日は、セルマーシリーズIIIのかけてるのと、
かけてないのとを吹き較べてみましたが、
面白かったですよん。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74078/12649148

この記事へのトラックバック一覧です: ドルチェ楽器初訪問:

« 久しぶりのN響、だが… | トップページ | アドルフ・サックス国際サクソフォン・コンクール 結果 »