2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト
無料ブログはココログ

« 怒! | トップページ | ハバネラ日本ツアー、スタート »

2006.11.03

東響、川崎、ジャズピアノ

Tirasi061103ミューザ川崎シンフォニーホール&東京交響楽団 名曲全集#22

バーンスタイン/ウェストサイド・ストーリーより「シンフォニック・ダンス」
ガーシュウィン/「I Got Rhythm」変奏曲(佐山雅弘ピアノトリオM's)
佐山雅弘M'sコーナー
 Falling in Love in Love - My Shining Hour - I'm Old Fashioned - But Beautiful - Ladies in Mercedez
 (アンコール)All The Things You Are
ラフマニノフ/シンフォニック・ダンス
 指揮:飯森範親

曲目は「シンフォニック・ダンス」つながり、真ん中はこのホールのアドバイザーを務めるジャズピアニスト佐山氏のトリオのゲストステージ(曲目はプログラム記載から変更になって、上記が正しい)。PA一切なしの本格シンフォニーホールで聴くピアノトリオ、なかなか良かったです。ドラムス大坂さん、凄すぎ。
佐山氏がソロパートを弾いた「I Got Rhythm」変奏曲にも、あとの2人が加わっていて、変奏の合間合間をガーシュウィンのソングナンバー(Someone to Watch over Meとか、Embraceable Youとか)をトリオだけで弾いて繋げていたのだが、これもなかなか違和感無くて面白かった。

オケの曲目は実は全部サックスが乗っていて、全乗りは波多江さんでした。バーンスタインの軽い音色と、ラフマニノフのヴィブラート多用の厚い音色とを別人のように使い分けていて、さすがと思った。
I Got Rhythmには総勢4人のサックスが登場。AATB、バリトン以外の3人はソプラノ持ち替え(しかも持ち替え箇所てのが本当にほんの少ししかなくて、仰天)という贅沢な用法。テナーは松井さんのようだったが、あとは誰だろう(バリトンは女の人でした)。こんど波多江さん本人に確認しておこう(^^;

オーケストラは、今回ゲストコンマスに元ベルリンフィルのレオン・シュピーラー氏を迎えていて、引き締まった弦の音色は格別なものがあった。ただそのせいか?、オケの弦と後列の管とで感覚に温度差が生じてしまい、「ウェストサイド」ではそれが気になって、いまいち楽しめなかった。ラフマニノフは良かったです。

午後2時開演で、終演は5時近くという長いコンサートとなった。盛り沢山で面白かったけれど、盛り沢山すぎて印象が分散してしまった感もある。

どうでもいいけど、東響って団員さんの衣裳が紺の燕尾なのね。
エキストラの方は黒を着ているので、すぐに見分けがつく(^^;

« 怒! | トップページ | ハバネラ日本ツアー、スタート »

コンサート(2006年)」カテゴリの記事

コメント

こんど佐山さんはじめて聴くので楽しみです。
(6台のピアノ)
今日はアルトが松原さんで
バリトンの女性は平賀美樹さんだったようです。
(たまたま彼女のブログを見てました)

ただ今上野に向かってます。

昨日はミューザに行かれてたんですね。大坂さんのドラム、一度聴きたいんですが。私は、波多江さんのブログでSaxのメンバーを知りました。

E・パユのコンチェルトシリーズ、凄かったですよー。(@@ 中々あんなFlは聴けないだろうなと思いました。ホール中、Flの音で満たされるってそうないですよね。。渡辺先生やオケの皆さんも、いや凄いねーと言われてました。

波多江さんご本人のブログを見てみたら、ちゃんとメンバー書いてありました(^^;

ミューザはたまたま、ずっと前から買ってあったもので。
身体は一つしかないってのは辛いですねー。

佐山さん、なかなか面白いキャラでした。
演奏中も、指揮者みたいな仕草もあって。

>変奏の合間合間をガーシュウィンのソングナンバーを...
おお! Thunderさんがズジャにも造詣が深いのを初めて知りました。さすが、昔進駐軍でジャズバンドのアルバイトをしていただけありますね(って、いくつなんだ?)。
ドラムスの大坂さんはノリノリで、ボストン・ポップスのドラマーのオヤジを彷彿とさせていました。
話は変わりますが、E.パユってそんなにスゴいのかあ。こりゃあ、来年2月のレ・ヴァン・フランセは行かなくっちゃだわ(in 大田区アプリコ)。

そう、レ・ヴァン・フランセが蒲田のアプリコに来るんですよね。
オペラシティの公演より安いので、お薦めですよー >みなさま

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74078/12544309

この記事へのトラックバック一覧です: 東響、川崎、ジャズピアノ:

» ミューザ川崎シンフォニーホール&東京交響楽団 名曲全集 第22回 [yurikamomeの『祝.「鎌倉スイス日記」復活。ああよかった』]
ミューザ川崎シンフォニーホール&東京交響楽団 名曲全集 第22回 2006年11月03日(祝)           14:00 開演 ミューザ川崎シンフォニーホール 指揮:飯森範親 東京交響楽団 佐山雅弘M’s   ピアノ:佐山雅弘  ベース:小井政都志  ドラム:大坂昌彦 バーンスタイン/  「ウエスト・サイド・ストーリー」    ~シンフォニック・ダンス ガーシュウィン/  「アイ・ガット・リズム」変奏曲 ~休憩 20分~ 佐... [続きを読む]

« 怒! | トップページ | ハバネラ日本ツアー、スタート »