2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト
無料ブログはココログ

« 岩城宏之の「遺言」 | トップページ | Masters of The Oboe »

2006.10.07

東響、川崎、金聖響

Tirasi061007台風が去って、今日は良い天気。
空気が澄んでいるせいか、まるで高地のように肌を刺す日射しだけれど、太陽が雲に隠れると途端に涼しくなる。

恒例、父に会いに青梅の特養へ往復したあと、夕方は、東京交響楽団を聴きに川崎へ。
長いこと広大な更地のままだった駅の北側の東芝工場跡地に、ラゾーナ川崎とやらがオープンしたばかりで、たいへんな人渦を横目に見つつ、ミューザ川崎の入口をくぐる。

チャイコフスキー/歌劇「エフゲニー・オネーギン」より ポロネーズ
グラズノフ/ヴァイオリン協奏曲(Vn:佐藤俊介)
チャイコフスキー/交響曲第5番
 指揮:金聖響

これで中プロがチャイコフスキーのコンチェルトだったりしたら、絵に描いたように月並みなチャイコフスキー・プロの出来上がりで、そんなのには興味ないんだけれど、グラズノフってのが渋いですね。
自分がサックス吹きだからか、グラズノフのヴァイオリン協奏曲というのは格別に好きな曲のひとつなのです。滅多に演奏会にはかからないので、今日のこのコンサートを聴いてみようと思った第一のきっかけでもある。
ただ今日の演奏は、ソリストの「若さ」がもろに出てしまったか、決して下手ではないんだけど、音程は終始緩いし音が(というか「音楽」が)飛んで来ないし、聴き始めた瞬間に眠たくなるような演奏だったのが、ちょっと残念。

メインプロの「5番」はなかなか良かった。金聖響という人は、とても繊細な音楽性の持ち主なのに、必要以上に繊細さを表に立てずにバランスのよい音楽作りをする人だと思う。
東響の音色の明るさもあって、健康的なチャイコフスキーではありました。

« 岩城宏之の「遺言」 | トップページ | Masters of The Oboe »

コンサート(2006年)」カテゴリの記事

コメント

実を言うと、このコンサート、チケットを取ってはいたものの、行くのを止めようかと思っていました。いやあ、東京響の9月18日のGALAコンサートがあんまり良くなかったんで。木管の音程が悪いこと悪いこと。でも、まあ、この日は結局行ってみて良かった。 音程も直っていた。何なんだろう? キムさんの指揮が良かったから? 楽団のコンディション? わかりません。
金聖響さん、グーです。この日のチャイコの5番も、7月の都響との新世界も、歌わせる、歌わせる。コテコテの関西人が気持ちよう演歌を唄とうてはる、そないな指揮振りでんな。来年4月のN響オーチャード定期も楽しみです(金さんの指揮もさることながら、実はお目当ては池田さんのテューバ・ソロ。曲はヴォーン=ウィリアムズのバス・テューバ協奏曲。なかなか演んないんですよね、この曲)。

演奏の良し悪しというのは、指揮者や楽員の能力の差などではなく(少なくともプロなんですから、必要なレベルは全員クリアされている筈ですね)、結局、練習(リハーサル)で必要なことをどれだけきちんとやったか、に尽きると思っています。

RVWのテューバ協は、以前某R合奏団にて、当時新日本フィルにいらした杉山さんの伴奏を吹きました。
その杉山さん、いまやクリーヴランド管弦楽団の首席テューバ。時代は変わったものです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74078/12192498

この記事へのトラックバック一覧です: 東響、川崎、金聖響:

« 岩城宏之の「遺言」 | トップページ | Masters of The Oboe »