2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト
無料ブログはココログ

« 10月14日の曲目について | トップページ | カタギ…? »

2006.10.11

【連載】マルセル・ミュールの生徒たち 12

この連載の趣旨、見方については連載第1回のエントリをご参照ください。

1953-1954

AUDEFROY, Roland
BRIODIN, Jean-Claude
CALLENDRET, Jean
DECOUAIX, René
DEFER, Jacques
DESLOGES, Jacques
GIRARD, René
MARTIN, Daniel
MELZER, Jacques
NOUREDDINE, Jacques
OLLIVIER, Jean
PODEVIN, Jean

試験曲:Musique de concert (Marius Constant)

この年の卒業生で最も有名なのは、フランス国家警察音楽隊のソリスト、のち指揮者を務めた、ヴェルサイユ音楽院前教授Jacques DESLOGES(1934.9-)だろう。私も何枚かのLPレコードを所持している。
Jacques MELZER(1934.7-2006.5)は、ニース音楽院の教授だったとのこと。そのキャリアの初期に、フランス・サクソフォン四重奏団なる団体を組織して活動していたそうだ。Melzer、Audefroy、J.M.Londeix、G.Lacourという4名(!)。いったいどんな音がしたんだろうか。
Roland AUDEFROYについては、パリ・エコール・ノルマルの教授という記載を見つけた。
Jean-Claude BRIODINについては、探しきれなかった。スウィングル・シンガーズ(ジャズ・ヴォーカルグループ)のメンバーに同姓同名の方がいらっしゃるが、同一人物かどうかは不明。

« 10月14日の曲目について | トップページ | カタギ…? »

マルセル・ミュール Marcel Mule」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74078/12205610

この記事へのトラックバック一覧です: 【連載】マルセル・ミュールの生徒たち 12:

« 10月14日の曲目について | トップページ | カタギ…? »