2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト
無料ブログはココログ

« 合宿覚書き | トップページ | ハシゴ(楽友→グランボワ) »

2006.09.24

【連載】マルセル・ミュールの生徒たち 11

この連載の趣旨、見方については連載第1回のエントリをご参照ください。

1952-1953

AUDEFROY, Roland
BRIODIN, Jean-Claude
CALLENDRET, Jean
DECOUAIX, René
DESLOGES, Jacques
FORMENT, René
GIRARD, René
JOUOT, Henri
LONDEIX, Jean-Marie
MARTIN, Daniel
MELZER, Jacques
OLLIVIER, Jean

試験曲:Rhapsodie Bretonne (Robert Bariller)

Jean-Marie Londeix(1932.9.20-) については、今更言うまでもなく。
この人については、ちゃんとした形でまとめて書いておきたい、ということが、本家サイト開設当初からの目的のひとつでもあり、ということで。
#ところで、ロンデックスが来年、半年くらい芸大を教えに来る、という噂があるのだが、どうなっているのだろうか。

もうひとりの一等賞受賞者、Henri Jouotについては、25歳で夭折した伝説のJazzトランペット奏者、クリフォード・ブラウンのパリ・セッション(1953年9月)のメンバー(バリトンサックス)として、名前を見つけることができる(例えば、こちら)。
同一人物という確証はないけれど、時期的にもほぼ一致するので、間違いないだろうと思う。
サックス以外にも、クラリネットやバスクラを吹いて、いくつかのレコーディングに参加しているようだ。

しかし、パリ音楽院でミュールに学んで一等賞で卒業したビバップ・ジャズ・プレイヤー、なんて、カッコいいなあ!

« 合宿覚書き | トップページ | ハシゴ(楽友→グランボワ) »

マルセル・ミュール Marcel Mule」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74078/11843392

この記事へのトラックバック一覧です: 【連載】マルセル・ミュールの生徒たち 11:

« 合宿覚書き | トップページ | ハシゴ(楽友→グランボワ) »