2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト
無料ブログはココログ

« 夏休み到来 | トップページ | リハーサル中 »

2006.08.07

N響!のアルメニアンダンス

今日も酷暑。
午前、借りていた自宅近所のスタジオで、最後の音出し。
「本番のつもり」で、明日演奏する3つの楽章の通し演奏を2回やってみる。そこだけ吹くと出来るところが、通して吹くと出来なくなってしまう。悔しいなあ。でも、崩れやすいところは大体分かったので、あとは出たとこ勝負だ。

Tirasi060806夕方(とはいってもまだまだ日の高い時刻)は外出、渋谷の人ゴミをかき分けて、NHKホールへ急ぐ。

N響ほっとコンサート-オーケストラからの贈りもの-

スーザ/海を越えた握手
A.リード/アルメニアンダンス パート1
A.ピアソラ/オブリビオン、リベルタンゴ(Sax:須川展也)
ティケリ/アメリカン・エレジー
モーツァルト/アイネ・クライネ・ナハトムジークより第1楽章
バーバー/弦楽のためのアダージョ
レスピーギ/交響詩『ローマの松』

 山下一史指揮 NHK交響楽団

そもそもはN響が毎年夏に開催している、若い人向けのコンサートなのだが、今回は「あの」N響がコンサートの前半、吹奏楽を演奏するということで、別の意味で話題となっていたイヴェント。
一種の怖いもの見たさ(笑)で、聴いてきた。
あの広大なNHK紅白歌合戦ホールの舞台に、要所要所をN響正団員が占めた本格的な吹奏楽編成が並んでいるというのは、なかなか壮観。コンマスの席にあの横川晴児さんが座っているのを見てちょっと感動を覚える。クラリネットはさすがに団員だけでは足りないのでエキストラ奏者がたくさん加わっていたけれど、分かっただけでも東響首席のNさん、新日フィル副首席のSさん、元都響首席のCさんほか錚々たるオケマン達の顔が。オーボエのトップは茂木さん、ホルンは松崎さん、トランペットは津堅さん、エキストラのユーフォニアム奏者はなんと○囿さん!あり得ない豪華メンバーだ。

演奏が始まると、正直言って最初のスーザは「あれれれれ、」って感じだったけれど(マーチは難しいっす)、アルメニアンダンス以降はなかなか感動的な仕上がりとなっていた。ところどころで聴こえるオーボエとかホルンのソロがとにかく見事な音で、例えプロだろうと普通の吹奏楽の世界では絶対聴けない音だ。N響というオケがいかに日本の最高の名手を揃えた団体か、ということを改めて見せつけられる思いがする。
吹奏楽を知り尽くした山下さんの指揮も冴えていて、オケ出身の指揮者がたまに吹奏楽を振るときのような不自然な感じは皆無。練習日数なんかほとんど無かっただろうけれど(せいぜい1日とか2日とか)、それらしい一体感を表出することに成功していたと思う。
サクソフォンのトップを吹いた須川さんが2曲独奏。このメンバーに対抗するサックスを連れて来ようと思ったら、須川さん以外考えられないでしょう。いつもよりは大人しいかなという感じだったけれど、まあ仕方ないか。

とりあえずここまでで、いったんup。後日補足するかもしれません。

« 夏休み到来 | トップページ | リハーサル中 »

コンサート(2006年)」カテゴリの記事

コメント

 ホール内お探ししましたが、探しきれずでした。(^^;

 いやー、あんなアルメニアン・ダンスpart1は聴いたことがないです!冒頭聴いただけで、ぶっ飛びました。(@@ 私も、Ob群には感動しました。ああいう吹き方は、他じゃ聴けないですよ。

 空席が多かったのは、吹奏楽コンクールの日程と重なったせいでしょうね。なんか勿体ないなー。

お初カキコです!いつもお世話になっております☆
私も昨日はN響聴きに行ってまして、京青さんとお会いすることが出来ました☆☆中野さんのレポ楽しく読ませて頂きました(^^)確かに須川さん大人しめでしたねー!でもピアソラが聴けてすごくよかったです♪アルメニアンの後半はもーただただ打楽器ブラボーで圧巻でしたね!奏者もピカイチで贅沢三昧な演奏会でした♪ではまた練習でお会いしましょう。宜しくお願い致します。

あんまりお話できず残念でしたが、久しぶりにお顔を拝見できてうれしゅうございました。
出演者は茂木さんぐらいしかわからなかったのですが、さすがはThunderさん。
私のエントリではなんだか分からない方のために、失礼ながらトラックバックさせていただきました。

別件ですが発表会無事終わられたようで何よりです。お疲れさまでした!

>京青さま
昨日はお疲れさまでした。
空席はたしかに目立ちましたけれど、NHKホールはなにしろ4000席ありますから、普通のホールだったらきっと満員札止めだったでしょうね。

>くみさま
初カキコありがとうございます。
お会いしたかったですが、ちょいと会場が大きすぎました。
練習でもよろしくお願いします。

>ひよこのさま
この次は是非リリアにてお会いしましょう(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74078/11310792

この記事へのトラックバック一覧です: N響!のアルメニアンダンス:

» N響ほっとコンサート~オーケストラからの贈りもの~ [しあわせの*タネ]
渋谷の街角。 喧騒は相変わらず。 おいしいコンサートに行ってきました。松本行きの疲れもまだ取れていないのに、昨日、新聞で見つけたコンサート。 (詳しくはThunderさんのブログをご覧ください) なんと、須川さんがN響と共演。ファミリー向けコンサート。場所は渋谷。 一部では、弦抜きのN響メンバーが、吹奏楽。 二部以降では、弦楽で子どもたちの好きな、松本では2、3楽章を聞いたばかりの、アイネクライネの1楽章。オーケストラでは、「ローマの松」。 …これらが全部、いっぺんに聞ける... [続きを読む]

« 夏休み到来 | トップページ | リハーサル中 »