2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォト
無料ブログはココログ

« なんだこれは(@_@) | トップページ | 国分寺・小さな旅 »

2006.08.12

夏の音楽

発表会の余韻冷めない中、週末へ。
今週は仕事を3日しかしていないのに、妙に疲れました。
久々に、つれづれCDご紹介の、お気楽編にてお送りします。

Cd110さてタイトル。バーバーの木管五重奏曲のことではありません。
夏になると、この曲が聴きたくなる。ダンディ(Vivcent d'Indy、1851-1931)作曲、『フランスの山人の歌による交響曲』。

ダンディの生まれ故郷、セヴェンヌ地方(フランス中央高地の南部)の山々の情景と民謡からインスピレーションを得た、フランスの「田園交響曲」。
あっけらかんと明るく分かりやすいメロディと、壮麗なハーモニー、ピアノソロを伴う清冽にして優美なオーケストレーションが、昔から大のお気に入りです。

もう30年近くも、夏が来るとやれ合宿だ、講習会だ、と、楽器を提げて山々の間の地に向かう生活を送ってきた。
東京生まれの東京育ち、「帰省」という習慣のない人間にとって、それはほとんど、日常の仕事や生活を置いて「故郷」に帰るようなものに近かったのかもしれない。
中央本線の特急とかに乗っていて、緑の山々が聳えているのが目の前に迫ってくると、なんだかとても高揚した気分になってくる。「今年もまた!」と。
そんな時に、昔だったらウォークマン、今だったらiPodに入れて、必ず持ち歩いていた1曲。

ダンディ氏はこの曲について、こう語っている(1887年)。
「…この曲に、私はアルプスの山々の雪を頂いた峰を、近くの山々を、ローヌ平野を、松の森を、未だ刈入れの済んでいない豊かな緑の収穫物を見る。冬の苦しみと労働の後でここにあるのは喜びである。パリで『芸術的世界』として求めるものはこれらに比べたらはるかにつまらないものだ。ここには真の憩いがあり、全ての芸術の真の源を感じる。」

たくさんの演奏を聴いてきたけれど(しかし演奏会場で聴いたことは一度しかない)、数年前に亡くなった名匠ペーター・マーク(都響に何度も客演した、思い出深い指揮者)がスイスのベルン交響楽団を振ったCDを取り出して聴くことが、一番多い。
ジャケットのルドンの絵も、曲の感じとはちょっと違うけれど、とても印象的(クリック拡大)。

残念ながら、版元(Conifer)が潰れてしまって、現在では入手至難なCD。
いま手に入りやすいところでは、例えばデュトワ=モントリオール響あたりが、わりといい演奏をしている。

« なんだこれは(@_@) | トップページ | 国分寺・小さな旅 »

CDを聴く」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74078/11393221

この記事へのトラックバック一覧です: 夏の音楽:

» ペーター・マーク指揮のダンディの「フランス山人の歌による交響曲」 [yurikamomeの『妄想的音楽鑑賞とお天気写真』]
 今日も蒸し暑い梅雨の中休みになりそう。Schweizer_Musik 先生のところで企画「夏の音楽、ヨーロッパ旅行」というのをやっていて、それを読みながら。  ディーリアス、いいなぁ、そうそう。クーラーのない部屋で学生の頃よく聴いたっけ、「河の上の夏の夜」も定番でしたよ。トーマス卿の指揮でした。なんて想いながらダンディの「フランス山人の歌による交響曲」を聴きながら思いをはせるのです。  このダンディのたまらなく山の中にいるような、河原のキャンプの早朝。ちょっとジメジメした爽やかな風の中、朝食の... [続きを読む]

« なんだこれは(@_@) | トップページ | 国分寺・小さな旅 »