2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト
無料ブログはココログ

« 【連載】マルセル・ミュールの生徒たち 4 | トップページ | 【連載】マルセル・ミュールの生徒たち 6 »

2006.08.20

【連載】マルセル・ミュールの生徒たち 5

この連載の趣旨、見方については連載第1回のエントリをご参照ください。

1946-1947

BLAISEL, Jean
CAULIER, René
COTTENET, Jacques
DAVY, Jean
DELDICQUE, Roger
DESMONS, René
DRUET, Robert
GOURDET, Georges
LE BIAN, Raymond
ROMBY, Guy
SILVERT, Henri
VIOLEAU, Rémy

試験曲:Improvisation (Elsa Barraine)

Jacques Cottenetという奏者は、ミシェル・プラッソン指揮トゥールーズ国立管によるアンリ・ソーゲの管弦楽曲集の録音(EMI、1977年録音。TOCE11130という番号で国内盤CDも出ていた)に、ゲスト奏者として名前がクレジットされていた。
バレエ音楽『旅芸人』と組曲『パリの風景』という2曲が収録されていて、後者でミュールの直系という雰囲気の味わいある音色のソロを披露している。

René Desmonsは、ルーベ(Roubaix)の音楽院教授だった人物。日本でもおなじみのジャン=イヴ・フルモー(Jean-Yves Fourmeau)の、最初の先生でもあった。フルモーカルテットの4名は全員ルーベの出身だそうだ。

Georges Gourdetという奏者は、1950年頃から後の時期のミュール四重奏団のメンバー(テナー、後にアルト)だった。
本家サイトにも掲載の写真(木下直人様提供)が、ちょうどこの頃と思われる。

Muleq

左からミュール、Gourdet、Marcel Josse、André Bauchy

« 【連載】マルセル・ミュールの生徒たち 4 | トップページ | 【連載】マルセル・ミュールの生徒たち 6 »

マルセル・ミュール Marcel Mule」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74078/11522423

この記事へのトラックバック一覧です: 【連載】マルセル・ミュールの生徒たち 5:

« 【連載】マルセル・ミュールの生徒たち 4 | トップページ | 【連載】マルセル・ミュールの生徒たち 6 »