2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト
無料ブログはココログ

« ダンディの新譜 | トップページ | 【連載】マルセル・ミュールの生徒たち 5 »

2006.08.18

【連載】マルセル・ミュールの生徒たち 4

この連載の趣旨、見方については連載第1回のエントリをご参照ください。

1945-1946

BLAISEL, Jean
CAULIER, René
COTTENET, Jacques
DAVY, Jean
DELANCHY, Roland
DELDICQUE, Roger
DESMONS, René
DUDICOURT, Roger
GOURDET, Georges
NICOLAS, René
ROQUE, Paul
SILVERT, Henri
TERRY, Jacques
VIOLEAU, Rémy

試験曲:Tango et tarentelle (Marcel Dautremer)

Jacques Terryといえば、デファイエ四重奏団のメンバーとしておなじみ、つるつる頭の印象的なテナー奏者(1922.10.25-)。パリ10区音楽院の教授も務め(F.モレッティの前任)、日本人の弟子も何人かいる。
クラス開設の初年度から在籍していたようだが、紆余曲折を経て1等賞で卒業されたらしいことが見てとれる(別の資料によれば、軍務に服するため1年休学したとのこと)。

« ダンディの新譜 | トップページ | 【連載】マルセル・ミュールの生徒たち 5 »

マルセル・ミュール Marcel Mule」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74078/11485979

この記事へのトラックバック一覧です: 【連載】マルセル・ミュールの生徒たち 4:

« ダンディの新譜 | トップページ | 【連載】マルセル・ミュールの生徒たち 5 »