2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト
無料ブログはココログ

« 岩城宏之氏追悼 | トップページ | 100年前のフォーレ »

2006.06.14

フランキストたち

Tirasi628鷲見加寿子 ピアノリサイタル(東京文化会館・小ホール)

ダンディ/テーマ・ヴァリエ、フーガとシャンソン
フランク/プレリュード、コラールとフーガ
デュカス/ピアノソナタ

この渋ーい曲目を見て以来、聴きたいっ!と思っていたコンサート。デュカスのソナタ(演奏時間45分!)をリサイタルで弾こうという度胸と根性からしてただごとではないし、前プロのダンディの秘曲(ずっと昔アニー・ダルコのレコードで聴いて以来)をはじめ、全体をフランク御大とフランキストの傑作でまとめたプログラム。こんなの、聴き逃したら次はいつ聴けるんだろう、というようなものだ。
鷲見家というのは音楽一家のようで、この方の息子さん(コントラバス奏者)のブログを通じて知ったのだった。
ご本人は東京音大の教授だそうで、客層は老若男女幅広く、ピアノの生徒さんばかりかヴァイオリンのケース等を持った学生さんもたくさん来場していて、盛況。

私自身の体調がいまひとつで集中して聴けなかったところが残念だけど、前半は頑張って聴いた。たいへん格調高く、淡々と集中して音楽を産み出してゆくという趣の、余計なもののない見事な演奏だったと思う。
アンコールにフランク「ゆるやかな舞曲」。(絶品。)

プログラム裏の宣伝によると、今日と同じ曲目のCD発売も予定されているようだ。
今日ちゃんと聴けなかった分、楽しみに聴いてみよう。

« 岩城宏之氏追悼 | トップページ | 100年前のフォーレ »

コンサート(2006年)」カテゴリの記事

コメント

デュカスのソナタ好きなんですよね<ワタシも

構成が大きくて、でも、細分化された箇所もあり、、、

いつかは、、、と思って、楽譜は持って
います。(持っているだけ、、とも言う(^^;)

さき様のデュカス、聴きたいです(^^)

先日入手したCD Sheet Music(6/1のエントリ参照)には、「ソナタ」は入っていなかったのですが、「ラモーの主題による変奏曲、間奏曲と終曲」が入っていました。
フランクの「プレリュード、コラールとフーガ」、そして大好きなダンディの「山の詩」と共にプリントアウトして、眺めて楽しんでおります。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74078/10529535

この記事へのトラックバック一覧です: フランキストたち:

« 岩城宏之氏追悼 | トップページ | 100年前のフォーレ »