2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト
無料ブログはココログ

« 都響、第1回定期公演 | トップページ | モーツァルトを聴きながら »

2006.04.21

【新着】アフィニス・サウンドレポートNo.31

Affinis CDアフィニス文化財団から、CD「アフィニス・サウンド・レポートNo.31」が届いた。
上記ホームページから、申込みにより無料配付されているものだ。

R.シュトラウス(ハーゼンエール編)/もうひとりのティル・オイレンシュピーゲル(Vn、Cl、Bn、Hn、Cb)
シュルホフ/ディヴェルティスマン(Ob、Cl、Bn)
エネスコ/弦楽八重奏曲より第1楽章
サン=サーンス/七重奏曲(Vn2、Va、Vc、Cb、Tp、Pf)
オネゲル/交響曲第2番(指揮:高関健)

曲目・内容は以上の通り。個々の演奏者も含めた詳細は、えすどぅあさんのブログに詳しい(なぜかコメントを付けることが出来ないので、こちらからもトラックバック)。
昨年夏の、長野県飯田市での「アフィニス夏の音楽祭」(若手プロオーケストラ奏者対象のセミナーとコンサート)の、ライブ録音。
なにげにワタシ好みの、近代物の渋い選曲。演奏もなかなか気合が入っている。資料としてのブックレットも大変充実していて、企業の文化支援活動の鑑のようなものだと思う。
フルネ指揮の「ダフニスとクロエ」なんかが入っていた前号はさすがに希望者多数のため抽選になったようだが、今号はまだ在庫があるようです。

« 都響、第1回定期公演 | トップページ | モーツァルトを聴きながら »

新着音盤」カテゴリの記事

コメント

Thunderさんはじめましてjosquinです。

拙blogへのTBありがとうございます。
コメントが出来なかった件ですが、もしかしたらスパムフィルタを新しいヴァージョンに入れ替えたのが悪さをしているのかもしれません。普通のコメントならば弾かない設定にしているつもりなのですが・・・。これに懲りずに、今後ともよろしくお願いします。

アフィニス文化財団という財団を知らずに、その財団主催の「トウキョウ・ブラス・シンフォニー」のデビュー・コンサートに行きました。3月31日、JTアートホール アフィニス(あんまり音響のいいホールじゃなかった)にて。東京のオケの金管奏者が11人集まってPJBEばりの演奏を披露。めちゃウマ。
ソーソーたるメンバー。トランペットは井川(N響)、栃本(N響)、服部(NJP)、中山(都響)、杉木(NJP)、トロンボーンは吉川(N響)、桒田(読売日響)、岸良(日本フィル)、門脇(NJP)、ホルンは今井(N響)、テューバは池田(N響)(敬称略)。若き彼らは、PJBEをライヴで見たか見ないかのビミョーな世代なんじゃないかな。
学生の頃ユーフォニュームをやったことがある私が気になったのは、読売日響のトロンボーン奏者桒田さん。その日初めて彼の演奏を聴いたのですが、実に素敵。J.S.バッハのシャコンヌではユーフォを持ち替えて吹いていました。いやあ、クワタさん、うめぇー! 一昨日(4/22)東京芸術劇場で聴いたマエストロ・バルシャイのショスタコの5番でもバリバリ吹いていました、桒田さん。
「トウキョウ・ブラス・シンフォニー」、早く第2回演奏会をやってほしいなあ、と切に願う今日この頃です。
(ゴメンね、サキソフォーンの話じゃなくて...えへへ)

よねやま

>josquinさま
こちらこそありがとうございます。わざわざお越しいただき恐縮です。
アフィニスのサウンドレポートは素晴らしい企画ですね。次はどんなライブの記録が聴けるのか、楽しみです。

>よねやま様
それはまた物凄いメンバーですねえ!
桒田さんのユーフォは聴いた事がないです。私が聴いた範囲では、都響の古賀さん、N響の秋山さんが巧いです。秋山さんはたしか元々ユーフォが本業だったかと。
JTアートホールは決して悪いホールではないのですが(実は職場のすぐ近所)、この編成だとさすがに音が飽和してしまいそうです。

> JTアートホールは決して悪いホールではないのですが(実は職場のすぐ近所)、この編成だとさすがに音が飽和してしまいそうです。

なーる。わたくし、前から8列目くらいで聴きまして、なーんか金管の音がストレートに聴こえてこないなあ、このホールは見るなら一番前、聴くなら一番後ろだなあ、とか思っていました。だけど、それは金管11重奏だからで、Thunderさんのおっしゃるとおり、確かに「この編成」だとJTでは「音が飽和」してしまっていたのかも。この編成なら、みなとみらいとかオペラシティとかサントリーの大ホールくらいないとキツいのかもしれません。(その昔PJBEはブルース・マーチで東京文化会館大ホール内全体をバリバリ鳴らしていました、たった10人で)

JTはバイオリン独奏とかピアノ三重奏とかだとグーなのでしょう。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74078/9701156

この記事へのトラックバック一覧です: 【新着】アフィニス・サウンドレポートNo.31:

» アフィニス・サウンドレポート No.31 第17回アフィニス夏の音楽祭 [えすどぅあ]
アフィニス文化財団からプレゼントに応募していたディスクが本日到着。 [続きを読む]

« 都響、第1回定期公演 | トップページ | モーツァルトを聴きながら »