2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト
無料ブログはココログ

« Band Classic Library 5 | トップページ | 湯山昭『ディヴェルティメント』 »

2006.03.18

陸自東部方面音楽隊・室内楽演奏会

急遽ご招待を頂いて、陸上自衛隊東部方面音楽隊・室内楽演奏会を聴いてきた(3月17日、川口リリア・音楽ホール)。
余談ながら(最初からいきなり余談かい)、音楽隊のホームページ(上記リンク)、ものすごく面白いです。お時間のあるときにゆっくりご覧になってみてください。

超本格的なマルチパーカッションのソロ曲から、クロード・ボラン(ボリング)のフルートとジャズピアノトリオのための組曲、金管アンサンブルは定番中の定番『ロンドンの小景』(G.ラングフォード)、などなど、全8曲、たいへんにバラエティに富んだ楽しい演奏会だった。
繰り広げられた演奏もまた自発性にみちた気持ちのよいもので、むかし学生の頃聴いた自衛隊バンドの、昨日のエントリで言うところの「つまらないプロフェッショナル」の典型のような演奏の記憶からすると、時代は変わったものだと思う。
あらゆる階層の音楽家たちの間で、世代交代というものは確実に進んでいるようだ。

さすが自衛隊のバンド、室内楽演奏会といえども、演奏者はみな肩章付きの制服姿。さすがに打楽器は違ったが(女性の打楽器奏者のステージ衣装って、なんか「くの一」という言葉を連想させるものがある)。曲間のセッティング替えにも制服姿の楽団員の方々がわんさと出てきて、作業が機敏でしかも目茶苦茶素早いことには驚きを通り越して感動すら覚える。こんなに舞台転換がよってたかって早く終わる演奏会、ってのは初めてだ。見ていて「無駄な動き」ってものがないし。
とめちゃんが沢山いる、みたいな。(←楽屋落ち)

招待状を下さった、畏友・斎藤了さん(Sax)が、湯山昭『マリンバとアルトサクソフォンのためのディヴェルティメント』と、最後ウォルトンの『ファサード』(Fl・Cl・Sax・Tp・Fg・Percという変わった編成)に登場。ウォルトン面白いな。こういう編成で一度でいいから思いきり吹いてみたい。
湯山作品については、別エントリにて。

更に余談。「東部方面隊」って、英語表記だと"Eastern Army"になるのね。ふうん、アーミーですか。

« Band Classic Library 5 | トップページ | 湯山昭『ディヴェルティメント』 »

コンサート(2006年)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74078/9140922

この記事へのトラックバック一覧です: 陸自東部方面音楽隊・室内楽演奏会:

« Band Classic Library 5 | トップページ | 湯山昭『ディヴェルティメント』 »