2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト
無料ブログはココログ

« 土曜日の練習 | トップページ | Sax四重奏聴きまくり(3/9) »

2006.03.06

"CHAMBER SYMPHONY" on Saxophone Journal

Saxophone Journalの最新号(March/April 2006)に、雲井雅人サックス四重奏団のCD「チェンバー・シンフォニー」の批評が載っている。

Saxophone Journalを講読し始めてもう7~8年になるけれど(エーゴは苦手なんで毎号斜め読みだけど)、日本のサクソフォン奏者やそのCDがとり上げられる機会は本当に少ない。1年くらい前に須川さんの紹介記事が載ったのと(執筆されたのは緒方英子さんだという話)、ずいぶん前に前田昌宏氏へのインタビューが載ったくらいしか記憶にない(日本の典型的な"salary-man"のような風貌の人物、という紹介のされ方をしていたのを妙に印象的に覚えている)。情報に関しては日本という国はまだまだ入超なのだなあと思う。
特にネット世界では、日本語の壁、というのが厚いのだろうが。

評者はDr. Frank Bongiorno。調べてみたところ、ノースカロライナ大学ウィルミントン校の音楽学部長の職にある方のようだ。

カルテットの紹介と各人の簡単なプロフィール紹介に続く、実際のCD評の部分を、以下に転載してみます。
簡潔で的確な論評だと思う。日本語ではなかなかこういう風に書けない気がする(無理やり書くと、妙に他人行儀な翻訳調の文章になってしまう)。
あ、当然ながら、転載許可など取ってませんので、取り扱いにはご注意ください。
雑誌誌面をスキャンして、PCにおまけで入っていたOCRソフトを使ってテキスト化してみたんだけど、なかなかちゃんと認識してくれるもんで、驚いた。イタリック体の文字が全部化けてしまったのは仕方ないか(勿論直しました)。

...The CD opens with an arrangement of Three Church Sonatas by Mozart, and is arranged by the ensemble's leader, Masato Kumoi. The arrangement retains all the simplicity and beauty of Mozart's music, while the performance is crisply played by the quartet, and with just the right energy and drive to joyfully propel the music, as it was intended to do so.
David Kechley's quartet, Steppin' Out, receives an impressive rendition by the quartet. One of numerous saxophone pieces written by David Kechley over the last two decades, Steppin' Out presents a wide range of technical and ensemble challenges that are easily negotiated by the quartet. Of particular note is the quartet's ability to successfully run the gamut of musical emotion from rollicking rhythmic energy to melodic lyricism, and they do it with precision and mastery of musical interpretation.
The title cut, Chamber Symphony, by Andrew Stiller, is in four movements and also presents numerous challenges for the quartet, including, quarter-tones, and the extended range of the instrument. Regardless of the challenges, the quartet seems to have a knack of providing just the right blend of sound from each instrument to achieve the perfect ensemble balance, as well as meticulously matching technical passages among its member.
The CD ends as it began, with a transcription. Vivaldi's Nulla in mundo pax sincera (There Is No True Peace) is truly a peaceful sounding composition with wonderfully lyrical themes, Originally written as part of a motet for soprano voice, violin, viola, thorough-bass, this piece is often sad sounding at times, but its lyricism and simplicity ultimately lifts the piece to a mood of joy and reverence. All of these emotions and subtleties of mood are keenly projected by the quartet because of their sensitive approach to direction of melodic line and their understanding of the importance of each voice within the musical texture of the quartet.
Chamber Symphony is a wonderfully performed CD with an exceptional sound quality of just the right mix of reverberant room sound and instrumental presence. The Masato Kumoi Sax Quartet is an a㏄omplished ensemble that combines strong individual performers with sensitive ensemble playing. The pieces on the CD, as well as the performers, make this CD an enjoyable listening experience that not only moves the spirit, but also engages the mind.

(c) Frank Bongiorno
Saxophone Journal, March/April 2006

« 土曜日の練習 | トップページ | Sax四重奏聴きまくり(3/9) »

サクソフォン」カテゴリの記事

コメント

Frank Bongiorno 教授といえば、ケックレーの作品紹介に熱心で、録音もされている方ですね。たしかに教育者らしい、的を得たコメントです。
この雲井QのCDは、ぜひ海外で積極的に聴かれてほしいアルバムですね。確かに、日本は情報、というか音楽に関しては入超ですが、言語の壁を越えて、アピールしていきたいものです。実際、サクソフォン関係については、少なからず海外からの情報要求を感じることがあります。
余談ですが、最近のOCRソフトはなかなか馬鹿にできませんよ(一応関係業界だったりします^^;)

mckenさんらしいコメント、ありがとうございました。
近い将来、海外から日本にサクソフォンを学ぶ留学生が押し寄せる時代が来るだろう、と10年以上前に予測したものでしたが、未だ残念ながらそうはなっていないようです。
地道な情報発信は必要ですね。

OCRソフトですが、こんなのが自分のPCに入っているということすら知りませんでした(^^;
なかなか便利なものですね。いろんな使い道がありそう。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74078/8963407

この記事へのトラックバック一覧です: "CHAMBER SYMPHONY" on Saxophone Journal:

« 土曜日の練習 | トップページ | Sax四重奏聴きまくり(3/9) »