2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト
無料ブログはココログ

« 本選出場ふたたび | トップページ | カルミナ・ブラーナ@TKWO »

2006.02.25

合奏中の雑感、いろいろ

本日「音の輪コンサート」の、結成式以来最初の練習でした。

合奏中に考えた(感じた)こと、いくつか。

チューニングの音一発でそのプレイヤーの技量はほぼ判ってしまう。よく響いた音色で均一なピッチの発音が出来る人というのは、実のところあんまりいない。
音の出だしが高くてだんだん下がっていく人は、アンブシュアの柔軟性に問題があり、逆に最初が低くて後から上がっていくのは、その音を支えきれるだけのエアが最初から立ち上がっていないからだ。
フルート、ホルンなどで、時々sempre突拍子もなく高い人がいるのは、楽器の角度や右手の入れ方など、楽器毎の特殊な原因があるのかな。

大勢の人数でハーモニーをつくるとき、自分の音色をカスませて周りに隠れてピッチの悪さを誤魔化そうとする人が多い。そんなことをしてると余計、全体の響きが曖昧になってハーモニーが作れなくなるのに。
隠れるのが癖になっちゃってるんだね。そういえば自分のアンサンブルを始めた頃、合奏の中にいるそういう人を見つけて叩き直すのにエライ苦労させられたっけなあ。結局のところひとりひとりつまみ出して指摘して直していくしかないんだけど、やり過ぎると雰囲気悪くなるし、手加減が難しい。

ここの楽団には、十数年にわたってご一緒しているようなメンバーの方も多く、1年に一度合奏中で間近にこうやって音を聞かせてもらう訳だけれど、さすが十数年経ってそれなりに成長されたという方もいれば、まあ、変わり映えしねーなー、という方もいらっしゃって(^^;
勿論、たった1年足らずで見ちがえるほどの成長を遂げた方、というのも、いらっしゃいます。
演奏にはその人の全てが表れる。これはその人の上手い下手に関係なく、本当にそう。日常デリカシーに欠いた行動や言動をとる人は、音楽もちゃんと、それなり。
きっと自分自身もそうやって人から判断されているのだろうな、と思うと、怖い。

« 本選出場ふたたび | トップページ | カルミナ・ブラーナ@TKWO »

練習、リハーサル」カテゴリの記事

コメント

昨日はお疲れ様でした。4年目にしてナント練習会場を間違え!、遅れて来て準備してる最中にトイレの中でスピーカーから流れた合奏を聴いてました。ヒドイピッチだなーと思ってましたが、合奏に入ったら何だかもっと大変でした。(+。+次回はまたひと月後、どーなるんですかねぇ。

大変そうですね。ピストンの楽器はC,Dが低めになるようで、吹いている人が低いという認識がないと合わないことが多いようですです。調性に関係なく音を出す人、ピッチに責任を持たない人がサウンドのにごりを作っているのですね。ピッチがある程度あっていれば音程はそれほど気にしなくても合うと思っています。

結局何が言いたいって、「そこ」に気がつく人だけが伸びるのだ、ってことなんですけどね。
「ピッチ」と「音程」の違い(単に言葉の基本的な意味としての違い)をきちんと認識していらっしゃるとは、さすが井伊さん。

…次の練習は3月18日、ちょうどグランボワさんの本番の日なんですよねえ。うーむ、6時までに終わるのは厳しいかも。

ピッチと音程の違い、知ってたけど知らなかった(笑)
この辺、とても弱いのです。
子供が弦楽器やってるので、この私が調弦しなくちゃいけなくて、毎回泣きそう…(笑)
ピアノとサックスやってたけど、楽器によって音に対する視点が全然違うので、とても勉強になります。

>ひよこのさま
弦楽器はピッチと音程を両方自分で作らないといけないから大変だろうなあ、と思います。poco他人事ですが(^^;
ピアノというのはピッチも音程も固定されているはずですが、上手な人のピアノというのは何故か音程が良く聞こえるのが不思議です。

サンダー様
ピアノは調律次第でしょうね。そしてうまい方は、3度の音程の処理がうまいようです。3度の音程は平均律においてやや歪むので音を抜いたり弱く弾いたりしていいるようです。内田光子様は中全律で調律されるようで、綺麗にハモるのは調律にあるようです。キルンベルガーだったと思います。純正調の研究家、作曲家でヴァイオリニストの玉木宏樹さんの受け売りですが。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74078/8834769

この記事へのトラックバック一覧です: 合奏中の雑感、いろいろ:

« 本選出場ふたたび | トップページ | カルミナ・ブラーナ@TKWO »