2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト
無料ブログはココログ

« YWOSE本番終了 | トップページ | バーンスタインのラヴェル…あっデファイエ! »

2006.02.06

JAZZみたいなバルトーク

この土日は、本番-打ち上げ-練習-レコーディング(その合間に恒例の藤野行き)と、消耗。
「練習と本番」カテゴリーのエントリが少ない、と先日書いたけれど、そりゃそうだ。消耗するもの。
本気で楽器を吹きまくった後は、搾りカスみたいになってしまって、呑気にパソコンに向かうようなエネルギーなんか残らないものだ。

tirasi609それでも一応社会人なもので、月曜からは普通に仕事。
終わってから、都響2月定期へ(東京文化会館)。
遅刻して休憩後の「オーケストラのための協奏曲」(バルトーク)しか聴けなかったけれど、これがものすげェ面白かった。速めのテンポで煽ること煽ること、ジャズコンボのアドリブの応酬を聴くような、一瞬も耳を飽きさせないスリリングな演奏。この曲は生でもCDでもたくさん聴いたけれど、ここまで面白い演奏は初めてだ。
指揮はヤン=パスカル・トルトゥリエ。都響には何度も客演している人だが、こういう人だとは正直思わなかったな。本性を現したなフランス人め!という感じ。

前プロが聴けなかったのは残念だけど、次回11日のコンサートは間違いなく最初から聴けるので、楽しみにすることとしよう。詳細はこちら。見てのとおり「鳥づくし」の、たいへん興味深い曲目。コダーイの「くじゃく変奏曲」を生で聴く機会なんて、そうそうありそうにない。

終演後は、そのまま東京文化会館のロビーで開催された定期会員対象の謝恩パーティに参加してきた。
きっかけは何だったか忘れたけど、フルートのN口さんと意気投合していっぱい喋った。…音楽家って面白い人種だ。

« YWOSE本番終了 | トップページ | バーンスタインのラヴェル…あっデファイエ! »

コンサート(2006年)」カテゴリの記事

都響」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74078/8541823

この記事へのトラックバック一覧です: JAZZみたいなバルトーク:

« YWOSE本番終了 | トップページ | バーンスタインのラヴェル…あっデファイエ! »