2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト
無料ブログはココログ

« プロコフィエフと芥川也寸志 | トップページ | サックスを吹く »

2006.01.26

コバケン・マーラー3番

tirasi608日本フィルハーモニー交響楽団 第577回定期演奏会(サントリーホール)

マーラー/交響曲第3番
 アルト独唱:坂本朱
 ポストホルン独奏:ミロスラフ・ケイマル(フリューゲルホルン使用)
 合唱:東京音楽大学、新座少年少女合唱団
 指揮:小林研一郎

マーラーの3番を演奏会場で聴くというのは、かなりに特別な体験だと思う。開演ぎりぎりに飛び込んで、いきなり壮絶な時間に引きずり込まれて、1時間40分。気がついたら終わっていた。

こういう音楽が書けるというのは、世界はいま自分自身のなかにある、ということを全身全霊で確信するということだ。
ひとりの人間の人生の中で、そのような確信を持つことのできる時間は、一瞬だと言っていいほど限られている。
至高の時間を遺してくれたマーラー氏に、感謝。

箱山さんのトロンボーンソロ、ブラボー。

« プロコフィエフと芥川也寸志 | トップページ | サックスを吹く »

コンサート(2006年)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74078/8355366

この記事へのトラックバック一覧です: コバケン・マーラー3番:

« プロコフィエフと芥川也寸志 | トップページ | サックスを吹く »