2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト
無料ブログはココログ

« 新着CD(フランセ、シベリウス) | トップページ | 【聴いた】ショスタコ1番 »

2005.11.13

フランセばっかり

相方の祖父の米寿を祝って、この週末は一族が熱海に集まったので、私も行ってきた。
妹夫婦の子供と曾祖父の対面式ということでもある。それにしても初子の赤ん坊というのは地上最強のアイドルですな。
お宮の松を初めて見ました。しかしこの、貫一がお宮を足蹴にしている場面というのがブロンズ像になっていて、夜になるとライトアップ;されるんだとか。なんだかなあ。

tirasi553帰宅途上、横浜経由で大岡山に寄って、コルドンブルー室内管弦楽団を聴く。
11日のエントリにも書いたとおり、全部ジャン・フランセ(1912~1997)の作品のみによる室内楽演奏会。木管四重奏曲、恋人たちの時間(木五+Pf)、ディヴェルティスマン(木三)、八重奏曲。会場のルーテル大岡山教会は、靴を脱いで上がる本当に普通の街中の教会の礼拝堂だった。

旅疲れで眠くて記憶はところどころ飛んでいるけど、全体を通してフランセという作曲家の面白さがちゃんと伝わるに足る演奏だったのには正直、感心した。勿論フランセの作品は技巧的に格別に難しいので、演奏そのものは言えば色々なことは言えるにせよ。
こういう演奏会だったら、私も仲間を引き連れてフランセのサクソフォン小四重奏曲(Petit quatuor pour saxophones)をご紹介差し上げたかったものだ、と思った。
1曲めと3曲めに乗ったクラリネット奏者のセンスの良さに感心した。
アンコールの2曲めは要らなかったかな。

« 新着CD(フランセ、シベリウス) | トップページ | 【聴いた】ショスタコ1番 »

コンサート(2005年)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74078/7094373

この記事へのトラックバック一覧です: フランセばっかり:

« 新着CD(フランセ、シベリウス) | トップページ | 【聴いた】ショスタコ1番 »