2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト
無料ブログはココログ

« 【聴いた】紀尾井シンフォニエッタ | トップページ | エリック・コーツの新譜 »

2005.10.18

シュトラウスのソプラノサックス協奏曲;

仕事を退けた後、銀座の山野楽器に寄って、ぶらあぼの最新号を取って帰る。
普段は8時閉店だが、火・水曜は8時半までやっているのだ。
ついでにCD売場を見て回ったら、こんなものが。

cd065

R.シュトラウス/オーボエ協奏曲(S.Sax版)
オット(David Ott)/サクソフォン協奏曲
グラズノフ/サクソフォン協奏曲
ラフマニノフ/ヴォカリーズ
 デブラ・リヒトマイヤー(Debra Richtmeyer):Sax
 カーク・トレヴァー(Kirk Trevor)指揮 スロヴァキア放送管(Albany)

先日R.シュトラウスのオーボエ協奏曲についてのエントリを書いた記憶があるが、なんとその同じ曲のソプラノサックス版。2003年の発売だったようだが、初めて見た。ソリストのDebra Richtmeyerという女性はイリノイ大学のサクソフォンの教授だそうで、セントルイス交響楽団とダラス交響楽団のサクソフォン奏者とのこと。どこかで聞いたような名前だと思い家のCD棚を探ってみたら、Light of Sothisというタイトルの現代曲ばかりのソロアルバムを持っていたが、あんまり印象がない。
さて、どんなもんでしょう…と恐る恐る聴いてみたら、これが案外と良かった。いかにもアメリカのサックス奏者らしく結構エモーショナルな演奏で、オーボエの原曲のようなすっきりと透明な感じにはならず、ちょいと俗っぽくて現実的な音楽になるけれど、これはこれで魅力的というか。やはり曲が良いというのは大きいな。
続いてこの人の十八番というDavid Ottの協奏曲と、グラズノフが収録されているのを聴いたが、結局シュトラウスの方が強く印象に残っている。

他にもいろいろ(サックス物に限らず)買ったのだが、それはまた後日ということで。

« 【聴いた】紀尾井シンフォニエッタ | トップページ | エリック・コーツの新譜 »

サクソフォン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74078/6465189

この記事へのトラックバック一覧です: シュトラウスのソプラノサックス協奏曲;:

« 【聴いた】紀尾井シンフォニエッタ | トップページ | エリック・コーツの新譜 »