2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト
無料ブログはココログ

« Saxophone新譜2題 | トップページ | シュトラウスのオーボエ協奏曲 »

2005.10.05

エロイカ

明日、急に、タスマニア交響楽団(オーストラリア)日本公演というのを聴きに行くことになった。
オペラシティで開催されている、アジア・オーケストラ・ウィーク2005という催しの一環。
チケットが安く(といっても、定価でさえS席4000円なんだけど)回ってきたからなのだが、なにより、私の大好きなR.シュトラウスのオーボエ協奏曲がプログラムにあったので、食指が動いたのだ。

という訳で、明日のメインプロ、ベートーヴェンの「英雄」のCDをCD棚から取り出す。

cd062

われらがジャン・フルネと都響による、2000年5月のライブ(Fontec)。
多分、明日のとは演奏の流儀は全然違うだろうけれど。

「英雄」は実はフルネの「勝負曲」のひとつで、私自身、重要な節々で何度か素晴らしい演奏を聴いている。
この時もそう。最初は普通に、何ということなく始まったのだが、だんだんただごとならぬ雰囲気になってくる。フィナーレの美しさと格調高さは、実演の記憶には及ばないけれど。
この時弾いていたある都響の楽員さんが、「音楽の神様が舞い降りた」と言った、得難い一夜の記録。
フライングブラボーも盛大に収録されちゃっているのが、ちょいと興醒めだが(^^;。

« Saxophone新譜2題 | トップページ | シュトラウスのオーボエ協奏曲 »

CDを聴く」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74078/6256955

この記事へのトラックバック一覧です: エロイカ:

« Saxophone新譜2題 | トップページ | シュトラウスのオーボエ協奏曲 »