2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト
無料ブログはココログ

« 洪水 | トップページ | 都響【ベートーヴェン】 »

2005.09.10

四季朗詠【読響】

tirasi5459月、即ち、秋のコンサートシーズン開幕後最初に聴いたのは、東京芸術劇場での読売日響

グラズノフ/交響曲第4番
同 /バレエ音楽「四季」(西行の短歌の朗誦付き)
 指揮:ゲンナジー・ロジェストヴェンスキー
 歌詠み人:栗原小巻、滝田栄

今日はシティフィルが上野で「三角帽子」をメインとしたスペイン・プロを組んでいた筈で、いわばバレエ音楽対決だったのだが、私としてはやはりグラズノフの「四季」全曲が生で聴ける機会が(今までも無かったし)今後そうそうあるとも思えなかったので、こちらにしました。

職場を出遅れたので、交響曲は途中からロビーで聴いた。知らない曲だったが(グラズノフのシンフォニーは5番と8番しか知らない。余談だが、Sax吹きの方は「8番」を是非聴かれるとよいと思います。びっくりするから)、不思議に明るく人懐っこい、楽しい交響曲だ。フィナーレの最後、どう終わらせたらよいのかよく分からないまま延々と盛り上がり続けるような雰囲気も、いかにもグラズノフ。

休憩後の「四季」は、各場面の前にそれぞれの季節を歌った内容の西行法師の和歌の朗誦が付くという、珍しい趣向。ソリスト(?)2人は、和装で舞台に登場。各季節ひとり3~4首ずつ、滝田栄はストレートな読み下しで、栗原小巻は御詠歌のような節回しをつけて詠んだ。
今までにない試みで、たいへん印象に残ったが、いったい何という歌を詠んだのか、テキストがプログラム冊子にもどこにも無かったのが、残念。また、秋を詠んだ歌というのは物淋しいものが多いのだが、そのすぐ後にノーテンキなバッカナールが始まるというのも、ちょっとヘンな感じではある(^^;。まあ、仕方ないけど。

演奏はさすがロジェヴェン、なかなかよございました。スケールが大きく、甘く暖かい音色で、こってりと歌う。いわゆるひとつのロシア風。スケールが大きいぶん棒そのものはかなりに大雑把で、オケは苦労していたようだけど(^^;、それがまた良いのだろう。「秋」の最初の部分に少しカットがあったのが残念だったが、滅多にない機会を楽しんだ。
隣の席には、「四季」のオケ版フルスコアのコピー(神奈川県立某高校吹奏楽部のハンコが見えた)をめくりながら聴いている女子高生、なんてのもいたりして。

« 洪水 | トップページ | 都響【ベートーヴェン】 »

コンサート(2005年)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74078/5866627

この記事へのトラックバック一覧です: 四季朗詠【読響】:

« 洪水 | トップページ | 都響【ベートーヴェン】 »