2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト
無料ブログはココログ

« 都響【ベートーヴェン】 | トップページ | 深夜のプチ更新【新着CD】 »

2005.09.11

楽友室内楽

横浜楽友協会吹奏楽団の室内楽演奏会を聴いた。(但し、楽団サイトにはこのコンサートの情報は一切載らなかったが)
会場は本郷台のリリス。家から行くにはちと遠いけれど、「田園都市」という雰囲気の街で、結構好きな場所だったりする。
とめ氏をはじめとする知った顔もたくさん出るし、アンサンブルの宣伝・チラシ挟みもしなければならなかったしで、行ってきた。

年に2回の吹奏楽演奏会本番の傍ら、こういう有志による室内楽の演奏会を毎年続けているという姿勢はいつもながら素晴らしいと思うし、頭が下がるというものだ。
とはいえ、純粋に聴くだけの立場として見ると、演奏のレベルの差というより音楽に向かう姿勢の差という点で、スゲェなーと感心させられるチームと、相変わらずのことやってるなーというチームがはっきりと分かれ、その差は回を重ねるにつれて開いているように感じられるが。

それにしてもクレストンのマリンバ・コンチェルティーノを聴けるとは思ってもいなかったな。実は私、大学3年生のとき(23年前だ)、大学の吹奏楽団の定演で演奏している。吹奏楽伴奏版の作品21Bという楽譜がはじめて出版されたのが(ピアノ伴奏版やレンタルのオケ版はそれ以前から出ていたが)ちょうどその頃で、芸大の吹奏楽が日本初演、ウチらが2番めだったはずだ。ソリストは当時の大学のトレーナーの先生の知り合いで仙台フィルの団員だった方にお願いしたのだった。いやー懐かしい。聴いていて当時のいろんなことを(すっかり忘れていたのに)思い出した。一度私が下振りを担当して、手も足も出なかった屈辱とかね。
ぜーんぶ聴くにはいささか疲れる2時間半の演奏会の最後は、Sax8人のアンサンブル。
本日のいろいろの演奏を、とりあえずきちんと締めてくれた。


終演後はさっさとその場を辞し、用事をいろいろ片付けた後、衆院選の投票のため横須賀線に乗ろうとしたら(投票所はいつもの最寄り駅ではなく横須賀線の駅の近く)、千葉方面の大雨のため?ダイヤが乱れまくっていて、帰着が午後8時に間に合わなかった。ううむ。選挙権を得て20ウン年、初めての棄権。くやしいぞ。
選挙の結果自体は、なんだかなあ、という感じのようだが。

« 都響【ベートーヴェン】 | トップページ | 深夜のプチ更新【新着CD】 »

コンサート(2005年)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74078/5898064

この記事へのトラックバック一覧です: 楽友室内楽:

« 都響【ベートーヴェン】 | トップページ | 深夜のプチ更新【新着CD】 »