2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト
無料ブログはココログ

« あとがけヴィブラート | トップページ | 豪華飲み会 »

2005.08.30

久々のコンサート

tirasi544コンサートも夏枯れの季節、久々にサントリーホールに行けた。

●サントリー音楽財団 サマーフェスティバル2005~20世紀のウィーン

シェーンベルク/ワルツ~弦楽オーケストラのための
ウェーベルン/カンタータ第2番op.31(1943)
同 /眼の光op.26(1935)
リスト(ウェーベルン編)/労働者の合唱(1924)
クシェネク/交響的悲歌(1946)
ベルク/ヴァイオリン協奏曲(1935)
 高関健指揮 東京都交響楽団
 神尾真由子(Vn)
 森川栄子(Sp)、加賀清孝(Bs)、東京混声合唱団

毎年この季節恒例の、サントリー音楽財団主催の現代音楽祭。
今日は最も「普通の」曲目の日だが、それでもなかなか凝っている。
客席もかなりに濃くて、休憩時のロビーで池辺晋一郎、一柳慧、江村哲二の3人が何気なく談笑していたりとか。

音楽史的には非常に興味深い、知的好奇心のそそられるプログラムながら、普段自分が好んで聴くタイプの音楽とは全然違うので、曲そのものを堪能するまでには至らず、途中少し睡魔に襲われた。演奏はなかなか良かったが。高関さんの指揮はいつもながらの堅実なものだし、真由子ちゃんのベルク、すごくひたむきで瑞々しくて、この曲こういうやり方もあるのね、というか。
ベルクと、ウェーベルンの2曲には、宗貞センセ(A.Sax)の姿がステージに見えた。
休憩前の最後、フランツ・リストの(シューマンみたいな)オーソドックスなスタイルの合唱曲にウェーベルンが非常に祝祭的なオーケストレーションを施した曲(日本初演)が挟まれ、演奏者の側もこの時ばかりは思いきり楽しそうで、場内も大いに沸いていました。

« あとがけヴィブラート | トップページ | 豪華飲み会 »

コンサート(2005年)」カテゴリの記事

都響」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
私も昨夜サントリーホールに行きました。
TBさせていただきましたので、どうぞよろしくお願いします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74078/5714423

この記事へのトラックバック一覧です: 久々のコンサート:

» サントリーサマーフェスティバル2005 [きままにARTSダイアリー]
8月30日(火)サントリーホール大ホール 昨夜は、8月22日から31日にかけて開 [続きを読む]

» ウェーベルン 弦楽四重奏のための6つのバガテル作品9 [ねもじゅんは、ただいま東京都葛飾区]
柴田南雄が放送大学の授業でウェーベルンをはじめとする、20世紀の音楽を積極的に [続きを読む]

« あとがけヴィブラート | トップページ | 豪華飲み会 »