2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト
無料ブログはココログ

« 休みの日はこんな感じ | トップページ | マーラー5番、地震付き »

2005.07.20

デザンクロのレクイエム

アルフレッド・デザンクロ(1912-1971)。そう、このブログを読まれているほどの方ならとうにご存じの、あのデザンクロです。

cd047

デザンクロ/レクイエム、モテット集(Hortus/009)
 Joel Suhubiette指揮 Les Elements室内合唱団、Frederic Desenclos(Org)

このCD、私は6~7年前の初出時にたまたま運良く入手することが出来て、爾来ひそかに愛聴していたのだが、そのとき以後今日に至るまで店先等で見かけたことは絶えて無く、ほとんど幻のCDという感じだったところ、どうやら最近やっと再び入荷したようで、時々見かけるようになったので、この機会にあらためてご紹介しようという次第。

「レクイエム」は、フォーレ、ロパルツ、デュリュフレ等の伝統に連なる、「ディエス・イレ(怒りの日)」を欠いた静謐なレクィエム。
オルガンのみのシンプルな伴奏による、この世ならぬ静けさと美しさに満ちている。
「レクイエム」の後に収録されている、サルヴェ・レジナ、オ・サルタリス、アヴェ・マリア、サンクトゥスといった1曲長くても4分くらいの小品たちは、ある意味「レクイエム」よりもっと美しい。日本でもよく歌われるプーランクのモテットよりもっと繊細でひそやかで、同じくらい感動的だ。
私は合唱にはそれほど詳しい訳ではないけれど、演奏もたいへん見事なものだと思う。オルガンを弾いているフレデリック・デザンクロ(1961-)という人は、作曲者のご親族だろうか?(解説には特に書かれていない)

フォーレやデュリュフレのレクイエムが好きな方なら、ハマること疑いない。
そういえば、デザンクロのサクソフォン四重奏曲って、(第1楽章を演奏する時にとくに感じるのだが)フォーレのピアノ四重奏曲第1番の遠いエコーが聞こえるような気がする。

« 休みの日はこんな感じ | トップページ | マーラー5番、地震付き »

CDを聴く」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74078/5071337

この記事へのトラックバック一覧です: デザンクロのレクイエム:

« 休みの日はこんな感じ | トップページ | マーラー5番、地震付き »