2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォト
無料ブログはココログ

« 練習日【6月第2回】 | トップページ | 都響【トゥランガリラ】 »

2005.06.27

Musical Baton

最近、音楽関係のブログ間を「ミュージカル・バトン」なるものが駆け巡っているのを横目で見ていて、そのうち絶対コッチにも回って来るだろう、と思っていたら、とうとうCaroline-hさんのところから来ました。

基本的に、Blogで日記もどきを書いているってことは、自分のことを書きたくてやっている訳ですから、勿論、受けて立ちます。
質問は5項目。

●今コンピュータに入っている音楽ファイルの容量
●今聞いている曲
●最後に買ったCD
●よく聞く、または特別な思い入れのある5曲
●私からお誘いする5人

●今コンピュータに入っている音楽ファイルの容量
原則的にPCで音楽は聴きませんが、iPodと同期を取っているので、iTuneの中に2.81GBのデータがあります。CD40数枚分の分量です。

●今聞いている曲
メシアン「トゥランガリラ交響曲」、マレク・ヤノフスキ指揮フランス国立放送フィル。明日の予習。

●最後に買ったCD
Naxosの日本作曲家選輯シリーズより、黛敏郎深井史郎の2枚。(まだ聴いていない)

●よく聞く、または特別な思い入れのある5曲
ドビュッシー/夜想曲
私のフランス好きの原点。15歳でこの曲にハマったことで、人生誤りました(^^;。
音楽における(一般的な意味での)「印象主義」の、最も典型だと思う。
A.リード/アルメニアンダンス・パート1
吹奏楽人としてのコダワリの1曲。ホルストの「第1組曲」とどちらにしようか迷った末、こちらに。
この曲の真ん中へんにある2つの短いSaxソロを、楽譜通りに、しかも「趣味良く」吹けるということが、私にとっての「良いプレイヤー」の条件です。
A.デザンクロ/サクソフォン四重奏曲
サックス吹きとしてのライフワーク。過去十数年の間にこの曲を演奏した4回の経験(全曲演奏に限った回数)というのは、そのときどきの自分自身のランドマークと言える記憶です。生きている間にあと何回吹けるだろうか。

以上の3曲はすぐに挙がったけれど、あとの2曲が選びきれない。
とりあえずフォーレのレクイエムメンデルスゾーンの「真夏の夜の夢」を挙げておきますが、明日になったら違う曲を挙げるかも。

●私からお誘いする5人
際限がなくなるので(1人が5人に回していたら、十数巡めで日本の人口を超えてしまう計算になる)、申し訳ありませんがとりあえず打ち止めとします。

« 練習日【6月第2回】 | トップページ | 都響【トゥランガリラ】 »

音楽随想」カテゴリの記事

コメント

ありがとうございます。やっぱり面白く読ませていただきました。
それに、打ち止めにしていただいたのも、ありがとうございます(笑)
昔、数学読み物は好きだったので、そういえばそんな話を読んだ覚えはあるのだけど…学校の数学は、とにかく勉強しなかった。無知で人を困らせるって、まさに私のことですね(笑)まじめに5人に回そうとすると、最後の人が困っちゃう、って話だったんだった…。不真面目だから、よけい気づかなかった。教えてくださって、ありがとう。…それにしても、選ばれる曲の、何たる違いでしょうか(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74078/4724194

この記事へのトラックバック一覧です: Musical Baton:

« 練習日【6月第2回】 | トップページ | 都響【トゥランガリラ】 »