2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト
無料ブログはココログ

« ディーリアス | トップページ | 一夜明けて…(都響ショスタコーヴィチ) »

2005.03.18

ベルティーニ氏、逝く

ガリー・ベルティーニ氏(東京都交響楽団音楽監督、4月より桂冠指揮者)死去。77歳。

今日は久々に早く仕事が上がって(といっても7時ちょっと前)、職場から徒歩10分のサントリーホールに行ってこれまた久々の日本フィルの定期に当日券で駆け込み、広上淳一指揮の「エニグマ音頭」(^^;とでも言いたいような振り付きの『エニグマ変奏曲』の素晴らしい演奏を楽しんで、家に帰ってきて夕刊を見てまず目に飛びこんで来たのがこのニュースだった。第一声は「エーッ、そんなん、ありかよ!」てなもんで。

悲しいとかショックとかいう以前に、とにかく呆然。…間違いなくこの10年間で最もたくさん実演を聴いた演奏家だった。5年にわたって埼玉会館で全て聴いたマーラーの全交響曲をはじめ、思い出は数知れない。
俊敏で精力的な指揮ぶり、鋭くも色彩的で彫りの深いその音楽、世界の十数ヶ国語を自在に話し、70を過ぎてから日本語をも完全にマスターしてしまう明晰な頭脳(一度だけ『ペトルーシュカ』のリハーサルを見学したことがあるが、指示はすべて日本語だった)には老いの影すら無かったというのに。…
それでも、これだけ沢山の機会、充実した時間を共に過ごさせてもらったことを、感謝すべきなのかもしれないが。

都響を最後に指揮した、昨年5月のマーラー8番、そして9番の演奏会(埼玉会館)のチラシを、謹んで掲示させていただきます。
本当にこれが今生の別れになってしまおうとは。出来過ぎ。…

tirasi517

« ディーリアス | トップページ | 一夜明けて…(都響ショスタコーヴィチ) »

音楽随想」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74078/3349058

この記事へのトラックバック一覧です: ベルティーニ氏、逝く:

« ディーリアス | トップページ | 一夜明けて…(都響ショスタコーヴィチ) »