2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト
無料ブログはココログ

« 久々のレッスン | トップページ | なかたよしなお、えましょうこ »

2005.03.15

アルモの『ドリー』

20日のアンサンブルコンクールで私たちが演奏する曲は、何度か書いているけど、フォーレ作曲『ドリー』。
6曲ある組曲のうち、第1、2、3、6曲を吹く。
この4曲をサクソフォン四重奏に編曲した楽譜が出版されているのだ。CDも出ている。

cd020

ドビュッシー/弦楽四重奏曲、フォーレ/ドリーより、ベルノー/サクソフォン四重奏曲
 アルモ・サクソフォン・クァルテット(Orange Note)

このCD、Saxカルテットをちょっと真面目に手がけたことのある人なら、たぶん多くの方が聴いたことがあるんじゃないか。
今のマイスターミュージックがOrange Noteと名乗っていた頃の発売。
勿論私だってずっと前から持ってはいたのだが、『ドリー』の練習を始めてからはわざと聴かないようにしてたんだけど、今日久々に聴いてしまって、呆れました。上手ェ…!ウマ過ぎ。
瑞々しい響き、中身の一杯に詰まった音色、「音楽そのもの」としか言いようのない全体の佇まい。何なんでしょこのバリトンの格調高いソノリテは。アルトの存在感溢れる音楽性は。
90年代当時のアルモは本当に充実した演奏活動を繰り広げていて(このCDは94年の録音)、その頃私も既にSaxカルテットを盛んにやっていたもんで、毎度演奏会やらCDやらを聴いては感激していたものだけど、実際のアルモはその頃の自分の理解をはるかに超える凄さだったのだ、ということが今にして判る。いやはや。

今日は実は、今まで私の聴いてきた『ドリー』の様々な演奏(CD、レコード)を並べて、色々どーでもえーようなことを書き散らそうと思い画像も用意してあったのだが、ちょっと、そんな気分失せましたわ。…早く寝よっと。

« 久々のレッスン | トップページ | なかたよしなお、えましょうこ »

サクソフォン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74078/3314556

この記事へのトラックバック一覧です: アルモの『ドリー』:

« 久々のレッスン | トップページ | なかたよしなお、えましょうこ »