2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト
無料ブログはココログ

« 下野竜也! | トップページ | 届かない想い »

2005.02.06

チラシ

なめ練。
とめ氏がノロウイルス感染(^^;から無事復活し登場、ミヨー『フランス組曲』を初めてオリジナルメンバー4人で合わせる。なかなか大変だ。
あと先週の続きで「民話」の合わせ。この曲、十重奏で書いたけれど実際は5~6パートで充分それらしく聞こえることが判った。縮小バージョンも書いてみようかな。


私はコンサートを聴いたり自分が出演したりすると、当日のプログラムと一緒に当該公演のチラシも保管するようにしている。
およそ1991年以降に聴いた演奏会に関しては、手に入ったものはすべて保存しているし、目立つ物、自分が出演したものに関してはそれ以前から収集していて、今現在60ポケットのクリアファイル9冊が一杯になっている。

例えばこんなものが残っている。(クリックで拡大します)

tirasi508

パリ・ギャルド・レピュブリケーヌ吹奏楽団 日本公演〈1984年〉
23年ぶりの来日、ってんで大騒ぎになった時。
今でも鮮明に覚えているけれど、しかしこの時からもう既に21年が経っているというのが、何だか信じられない…

tirasi509

東京サクソフォンアンサンブル リサイタルツアー〈1984~1985年〉
(写真右から)S下地啓二、B佐々木雄二、T市川豊、A宗貞啓二。
80年代の日本に於ける、伝説的なサクソフォン四重奏団だった。
下地センセのアタマが…(^^;

tirasi510

トルヴェール・クヮルテット  第2回リサイタル〈1991年〉
全員20代のトルヴェール。
第1回(1989年)のは残念ながら残っていない。

« 下野竜也! | トップページ | 届かない想い »

サクソフォン」カテゴリの記事

練習、リハーサル」カテゴリの記事

コメント

チラシの写真を眺めていたら、記憶の歯車が思いっきり巻き戻されていきました。
そうそう、ギャルドの来日の時は、バンドジャーナル等の吹奏楽関連誌上にも
ドドーンと特集記事が組まれてましたよね。
(私の記憶が確かならば、ですが(^_^;) )
トルヴェール・クヮルテットの第二回リサイタルの頃は、SAXからすっかり
離れていた頃だったのですが、それでもなぜか懐かしく感じてしまうのはなぜなんでしょ。
なんだか不思議です(笑)


チラシですが、本家掲示板の方でもおかげさまで大好評だったようで、嬉しいことです。
こういうことがあると、物をなかなか捨てられない癖に益々拍車がかかりそうで(^^;

今日は寒かったですね、お大事にお過ごしくださいませ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74078/2826374

この記事へのトラックバック一覧です: チラシ:

« 下野竜也! | トップページ | 届かない想い »