2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト
無料ブログはココログ

« 新着書籍『私のオーケストラ史 回想と証言』 | トップページ | マルティノン、ドビュッシー、ロンデックス »

2005.02.28

ブリュッヘン

先週の金曜(25日)は、私の周りでコンサートに行った人というと、須川さんがソリストとして出演した山形響の東京公演(すみだトリフォニー)か、佼成woの定期(芸劇)か、どっちかだったようで。
私が新日本フィルに行こうとしたのは、指揮者のブリュッヘンがリコーダー奏者として若い頃の私にとってのアイドルだったから、ということがある。といっても、ずいぶん長いことリコーダーは全く吹いていなくて指揮に専念しているようだが。
リコーダー奏者としてのブリュッヘンがどれほど人気があったか、今の若い人(なんて言い方がいかにも年寄りくさいけど)が実感するのは難しいかもしれない。

という訳で、久々に当時のLPレコードを引っぱり出して聴いてみた。

bruggen

涙のパヴァーヌ~フランス・ブリュッヘン ブロックフレーテ名演集1(Telefunken)
クリックすると、CD(12cmφ)対LP(30cmφ)の比率で拡大します。

このレコードは1970年代の大ベストセラーだった。『涙のパヴァーヌ』というのは、1646年刊行の、ソプラノリコーダー独奏のための変奏曲で、全音のリコーダーピースで楽譜が出ていたので、高校生の時には楽譜を買ってよく一人で吹いていたものだ。
私の場合、サックスという楽器はご存じのようにジャーマン式のリコーダーと基本の指使いが一緒なので、中学2年でサックスを吹き始めると共に、逆照射するかのようにリコーダーにも興味が向かって行ったのだった。中3の時にはバロック式フィンガリングのソプラノリコーダーをお小遣いで手に入れ、「ジャーマン式なんてガキの吹くもんだ、」なんて言ってイキがってたっけ(^^;。
今はもう20年以上リコーダーへの興味は封印中だけど、もしかしたら将来復活するかも。

LPレコードを鳴らすのは久しぶりで、プレーヤーを掃除するところから始まって音を出すまでに結構苦労した。昔は大変だったよなあ。
同じタイトルのCDも勿論出ているんだけど、曲目とジャケットが微妙に違うのだ。この選曲と写真がいいんですけど。ヴィヴァルディの『忠実な羊飼い』第6番が入っている。この曲が大好きで、昔ソプラノサックスで吹こうとしたことがあったけれど、あまりにも難しくて降参したのだった(その後しばらくして、須川さんがサントリーの小ホールで吹いたのを聴いて「やられた!」と思った)。

しかし、久々に聴くリコーダー。やっぱり、いいもんですね。聴いてると頭が空っぽになってくる。
ちなみにこのレコードの共演者は、ビルスマ(バロックチェロ)、レオンハルト(チェンバロ)、アーノンクール(ヴィオラ・ダ・ガンバ)。ヘヘーっ!!

« 新着書籍『私のオーケストラ史 回想と証言』 | トップページ | マルティノン、ドビュッシー、ロンデックス »

音楽随想」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74078/3121382

この記事へのトラックバック一覧です: ブリュッヘン:

« 新着書籍『私のオーケストラ史 回想と証言』 | トップページ | マルティノン、ドビュッシー、ロンデックス »